IMG_1665

これはマジでヤバい! 精神病棟を徘徊するVRホラー『CATATONIC』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年12月08日]

皆さんこんにちは!!

2015年は、各社続々と一般向けVRデバイスを発表するなど、いよいよVRが一般的になってきた1年でした。

またハード側だけではなくソフト側も日々、新しいVRコンテンツをリリースされており、その熱を感じずにはいられません!! そこで、APPREVIEW編集部も「乗るしかない、このビックウェーブに」という事で、Gear VRを使ってVRコンテンツをレビューしていきます。

第3回は、ニューヨーク・タイムズやVICEなどと協力してVRコンテンツを製作しているアメリカのVRスタジオのVrse.worksが提供するアプリ『Vrse』の中から、ホラー系VR『CATATONIC』を紹介したいと思います!!

▼関連記事
第2回 ぎょ!ギョ!魚ぉおお~! 息を止めるほどリアルなVRダイビング『TheBluVR』

2015年ベストホラーに認定!!

まず始めに断っておきますが、

マジで洒落にならないくらい、怖いです。

このVRは怖すぎてR指定されているので、ご利用は自己責任でお願いします。

CATATONICは、できればフルにコンテンツへ没入できるGear VRやGoogle Cardboardを使って頂きたいのですが、お持ちでない方のために360度ビュー対応の動画を張り付けておきます。

では、本編の内容をネタバレせずにキャプション付き画像と共にレビューしていきます。

アプリ『Vrse』をダウンロード後、同アプリ内の「Catatonic」を選択してくれ!

アプリ『Vrse』をダウンロード後、同アプリ内の「Catatonic」を選択してくれ!

今回はスクリーンショットの関係からGoogle CardBoardを使用したゾ!

今回はスクリーンショットを撮りたかったので、Google CardBoardを使用したゾ!

R指定があるので、自己責任でお願いします!!

R指定があるので、自己責任でお願いします!!

今回は、アプリ版を利用しましたが、Gear VRをお持ちの方はOculus Storeでダウンロード下さい。※アプリ版のリンクは本稿の最後に張っておきます

ゲームがスタートするとエレベーターに乗せられている。

ゲームがスタートするとエレベーターに乗せられている。

えっ!!お、オイラ繋がれてますやん!!

えっ!!お、オイラ繋がれてますやん!!

看護師「ハロー。今日からココが君の家になるんだよ。」

看護師「ハロー。今日からココが君の家になるんだよ。」

おいおい。マジかよ。ここ何の病院だよ。(ざわざわ

おいおい。マジかよ。ここ何の病院だよ。(ざわざわ)

んっ!?「psychopathic ward」って、、、

んっ!?「psychopathic ward」って、、、

「psychopathic ward」って精神病棟って意味じゃ、、、

精神病棟って意味じゃ、、、

廊下暗っ!!

看護師「これから病院の住人を少し紹介するよ。」

なんかぶつぶつ言っている人がいるんですが、、、

なんかぶつぶつ言っている人がいるんですが、、、

あ~なんか患者がいますね。。。

あ~なんか患者がいますね。。。

ヒエッ!!(ここも結構怖い

ヒエッ!!ろ、老婆ぁっ!?

アカーン!!もう帰りたい!!!!

アカーン!!もう帰りたい!!!!

ヤバい!ヤバい!ヤバい奴が収監されてるって!!

ヤバい!ヤバい!ヤバい奴が収監されてるって!!

どこまで行くねんっ!もうそこから先は階段やんけ!!

どこまで行くねんっ!そこから先は階段やんけ!!

おいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいっ!!

おいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいっ!!

おい!殺す気かよっ!!こっちは車イスやねんぞ!!(視点を後ろに、、)、

おい!殺す気かよっ!!こっちは車イスやねんぞ!!(視点を後ろに、、)

いやぁぁぁっぁああぁぁっぁぁっぁぁぁっぁぁぁっぁ!!

いやぁぁぁっぁああぁぁっぁぁっぁぁぁっぁぁぁっぁ!!

ヤバい茶葉愛あアやッ矢う合ううアはうyばいアy場初ッツって!!

ヤバい茶葉愛あアやッ矢う合ううアはうyばいアy場初ッツって!!

マジで落ちてるって!!!

マジで落ちてるって!!!

ううう、、、ここは一体っ、、、!?

(ドンッ!ドンッ!ガッ!!ガッ!)落ちるー!!!

だっ、。。誰っ!????

うっ、、、、一体何が起きた。。。

ここから先のストーリーはご自身の目でお確かめ下さい、、、

感想:マジで途中ギブアップする程、怖かった!!

今回紹介した内容は全体の3分の1程度なのですが、これ以降どんどん怖さは加速していきます!!
やはり、ユーザーに擬似体験を与える事ができるVRとホラーコンテンツの相性はとてもよく、本当に筆者が精神病院にいる感覚に陥りました。イヤホンをして音量を大きめに設定すると更に怖さ倍増!

しかもCATATONICは、細部までとても周到に拘っていて、通常の人間の刺激に対する視点の変化まで計算されて仕込まれています。車いすという設定上、聴覚、視覚、平衡感覚が完全に錯覚を起こし通常のVRよりも更に没入感が増しています。

このコンテンツに言葉は要りません。

文字

文字

(※かなりデータ通信量を要するのでWi-Fi環境下でのダウンロードをオススメします。)

参考・関連
Vrse,works公式サイト

PageTopへ