8277263902_340d6d1817_q

静止画と動画のいいとこ取りのGIFアニメが見直されている? SNS別に作成アプリをご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年11月19日]

ささs皆さんこんにちは!!

GIF、お好きですか??

GIF自体は歴史が深くその登場は1990年に遡ります。そして一時期はFrashの台頭などがあり、使用頻度が落ち込む事もありましたが、スマートフォンが普及しSNSが一般化した結果、「動画では画面が切り替わり面倒臭い!画像では動きが無くてつまらない!」というユーザーのニーズからGIFがまた使われ出しているのです。

そして2015年11月12日にTwitter社は、DJの様にGIFアニメを左右にスクラッチする事で動画を前後に巻き戻す「ScratchReel」というサービスを公開しました。※モバイルからのみ使用可能


人差し指マークがある動画は、スワイプ操作で早送り/巻き戻しが可能です。

この様に、現在のSNSにおいてGIFはユーザー同士のコミュニケーションを高めるために有効なツールになっています。しかし実際の所、多くのユーザー皆さんは「GIFは見たことあるけど作った事はない」方が大半だと思います。

そこで、今回の記事ではSNS別に簡単にGIFアニメを作成する事ができるアプリを紹介していきたいと思います!!YO!CHECK IT OUT!!

Twitter用のGIF作成には『GifLab』だ!!

Twiitterには『GifLab』だ!

Twiitterには『GifLab』だ!

『GifLab』はiOS専用のアプリです。とてもシンプルに洗練されていて使いやすいUIになっています。

このアプリを立ち上げて「カメラ」を選択するとGIFアニメとして録画する事ができます。撮影後、GIFの尺の長さ、サイズ、速度等が選択できるので、自分の好みに合わせた編集を行ってください。
GIFアニメの特徴は、無限にループさせる事ができる点で、ループしても継ぎ目が目立たないように編集する事が肝です。

撮影画面

撮影画面

撮影したら編集しよう!!

撮影したら編集しよう!!

編集が完了すると、各種保存方法を選択できます。Twitterにアップロードする場合には、一旦カメラロールに保存してから、Twitterを立ち上げて投稿しましょう!!

Twitterにあげるために、一旦保存しよう!

Twitterにあげるために、一旦保存しよう!

Twitterの投稿画面で保存したGIFファイルをアップロードすれば完了だ!!

Twitterの投稿画面で保存したGIFファイルをアップロードすれば完了だ!!

そして、完成したGIFアニメが↓コチラになります!!

GifLab

Instagram用のGIF作成には『Boomerang』だ!!

次に紹介するのは、Instagram用のGIF作成アプリは『Boomerang』になります。
このアプリはInstagram社がリリースしている公式GIF作成アプリです。

Instagram用には『Boomerang』だ!!

Instagram用には『Boomerang』だ!!

機能的には、動画を録画する専用のアプリになりますが、今回はInstagramにアップロードするまで過程をレビューしていきます。

撮影画面

撮影画面

撮影が完了したらアップロード先を選ぼう!

撮影が完了したらアップロード先を選ぼう!

こちらのアプリも、とても洗練されており、使いやすいUIになっています。

撮影が完了すると、アップロード先を選択できます。※このアプリは、主にInstagramとFacebook専用になっています

ここでInstagramを選択するとInstagramが立ち上がるので、そこからGIFアニメの尺、フレーム等を編集して下さい!!

instagram内でフレーム等の変更を行える。

instagram内でフレーム等の変更を行える。

GIFアニメの尺変更もコチラの画面で編集ができます。

GIFアニメの尺変更もコチラの画面で編集ができます。

編集が完了したら、通常の投稿の様にアップロードしましょう!!

編集が完了したら、通常の投稿の様にアップロードしましょう!!

GIFアニメ
の特徴はループする点にあるので、動画の始まりと終わりを上手く繋げる事が重要になります。
そして、完成したGIFアニメが↓コチラになります!!

テスト

@appreview_instaが投稿した動画 –

Boomerang from Instagram

Boomerang from Instagram

今回は、SNS別に2つのGIF作成アプリを紹介しました。GIFアニメは通常のムービー程、データ通信量を必要とせず、画像よりも動きを伝える事ができるので、皆さんもSNSのコミュニケーションに活用してみては、いかがでしょうか??

参考リンク
Twitter、ビデオスクラッチ対応GIFアニメ「ScratchReel」を公開

PageTopへ