アイキャッチ画像

なぜAndroid…? Microsoftがホームアプリをリリース『Arrow Launcher』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年11月17日]

Screenshot_2015-11-13-14-18-33Microsoft社内のプロジェクト「Microsoft Garage」から生まれた、Android用ホームアプリ『Arrow Launcher』。兼ねてよりGoogle+内でのβ版配信が確認されていたが、2015年10月29日に正式リリースされた。

何故Android用ホームアプリ?

1年前に『Next Lock Screen』をリリースした「Microsoft Garage」は、その反応を聞く中で「寄せられるアイデアをロック画面に留めず、ホーム画面にも反映させていこう!」と考えたそう。スマートフォンをシンプルに使いこなすことで生まれる多くの時間を、有意義に使ってほしいと述べている。

ユニークな表示

このカスタマイズアプリには、スマートフォンと私たちの関係をシンプルにするための工夫が多く含まれている。まずダウンロードすると、自分の良く使うアプリを5つ選択するように勧められる。Google系のアプリを5つ選んでみると、その5つが上部に表示された。この5つはこの位置に固定化される。6つ目から後のアプリは使う度に順番が入れ替わる。例えば今6つ目に表示されているのはハングアウトであるが、試しにマップを使ってみると、6つ目がマップ、7つ目がハングアウトといったようにずれる。言わば履歴のようなものだ。

Screenshot_2015-11-13-14-22-13 Screenshot_2015-11-13-14-22-18 Screenshot_2015-11-13-15-17-27

3つの「シンプル化」

『Arrow Launcher』では、最初に設定した5つのアプリが表示される「Apps」を始めとした、3つの「シンプル化」が採用されている。

What=「Apps」

~よく使うアプリへのアクセスを簡単に~
先ほど設定した、いわゆるホーム画面。
Screenshot_2015-11-13-14-18-33

Who=「People」

~大切な人への連絡を簡単に~
一番最近連絡した人から順に上に表示されていく。タップすると電話やメールがワンタッチで出来る、ショートカット画面が表示される。
Screenshot_2015-11-13-14-56-22

When=「Recent」

~重要なものの振り返りを簡単に~
写真を撮るなど、行った動きが記録されていく。タップするとギャラリーが起動するなど、これもショートカットの機能を有している。
Screenshot_2015-11-13-14-18-29

ウィジェット&リマインダー

「シンプル化」を助長するのが、ウィジェットとリマインダー機能だ。画面中央下の白い丸を押すと、アプリの一覧とウィジェット追加の画面が表示される。アプリ一覧はアルファベット順になっているが、日本語は♯に一括でまとめられてしまっている。しかしこの点は、アプリが日本語対応した際に改善されるだろう。
Screenshot_2015-11-13-14-18-58 Screenshot_2015-11-13-14-19-08 Screenshot_2015-11-13-14-18-39

通常、Androidのドック画面(ショートカットや便利な機能が詰まっている)は下部に表示されていることが多いが、この『Arrow Launcher』は下から上にスワイプして呼ぶ形になっている。ここは自由に編集が可能なので、好きなアイコンを好きな順番で並べたり、アイコンを重ねることでフォルダとしてまとめたりすることが出来る。

Screenshot_2015-11-13-14-19-49 Screenshot_2015-11-13-14-20-41 Screenshot_2015-11-13-14-20-27

また、右下の「Edit Page」を押すとホーム画面の編集が出来るほか、そのまま一番左までページを送ると「Widgets」のページが表示される。右上にある目の形をしたアイコンをクリックすると「Widgets」ページが追加され、先ほどのウィジェット追加画面から追加したウィジェットを、ここに追加することが出来る。
Screenshot_2015-11-13-15-48-42

逆に一番右までページを送ると「Notes&Reminders」を追加することが出来る。このリマインダーに予定と時間を設定しておけば、アラームで知らせてくれる。また、横のチェックボックスをタップすると線が引かれ、タスクの終了を示すことも出来る。

Screenshot_2015-11-13-15-45-06 Screenshot_2015-11-13-15-44-21 Screenshot_2015-11-13-15-45-38

今後の展望

『Arrow Launcher』は全体的に履歴機能を大切にしていると感じた。履歴から次の行動に繋げることで「シンプル化」を実現しているのであろうか。生みの親であるLawrence Ripsher氏は、今後も多額の投資をしつつ、さらに多くの新機能を追加していく意思を示している。アプリについて公式ホームページには「欲しいものを欲しいときに届けるプロダクトである」といった旨も書かれていた。Microsoft社がAndroid用ホームアプリを出した理由は、冒頭に述べた「シンプル化」の他にも様々に考えられるが、Lawrence Ripsher氏によると、このアプリを通した大きな計画があるとのこと。今後の動きに注目したいところである。

PageTopへ