003

【TGS2015】一緒に遊ぶVR、乙女ゲームVR…加速する仮想現実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年9月24日]

東京ゲームショウ2015でもっとも目立っていたのはまちがいなくVR関係の展示でしょう。ソニーからPlayStationVRが発表されるなど、いよいよVRが身近に感じられるようになってきましたね。本記事では、クエリちゃんでおなじみのポケット・クエリーズと、乙女ゲームのエイタロウソフトをご紹介します。

▼関連記事
東京ゲームショウ2015 記事一覧

2人で協力!ポケット・クエリーズ

001
クエリちゃんカラーである緑で統一されたポケット・クエリーズブース。メインの展示物はMRロボット「くえりんろぼ(Query’n Robot)」を利用したVRシューティングです。

002
細かな街並みを再現したジオラマが展示されていますね。

003
ピンクの円で囲んである機械が『くえりんろぼ(QUERY’N ROBOT)』です。MRロボットのMRとは「Mixed Reality」の略で、VRゲームとロボットを利用して現実空間と仮想空間を統合しようという概念です。

004
プレイヤーはLeap MotionをつけたOculus Riftを被り、指でゲームを操作します。くえりんろぼがジオラマを認識し、実際の街並みに宇宙人が侵略してきたように感じられます。

005
ジオラマの反対側にはもう1台くえりんろぼとOculus Riftが用意され、2人のプレイヤーが協力して宇宙人を撃破することができます。

ポケット・クエリーズはJapanese Otaku City(秋葉原の街並み)のアセットを作るなど、ヴァーチャルにうまく現実を取り入れている実績があります。今後も臨場感を出すための周辺機器やアセット製作に期待できますね。

VRイケメン登場!エイタロウソフト

006
エイタロウソフトでは乙女ゲームアプリ『マフィアモーレ☆』のVRデモ版が展示されていました。

007今回デモの対象となったのは、新キャラクターの「リディオ」。金糸の髪が美しく、まるで王子様のような風貌ですが、『マフィアモーレ』のキャラクターということは彼もマフィアなのでしょうか……?

プレイヤーはVRゴーグルをかぶることによって、リディオの部屋に招かれます。
仕事をしているらしきリディオ。部屋を見渡して見ると、あちこちにハートマークが表示されています。ハートマークに視線を合わせると、ストーリーが進んで行きます。部屋中のハートを探索し終えるとリディオが目の前に迫ってきて……結構な臨場感でした。

VR体験は酔いやすいのがネックですが、ヴァーチャル空間が部屋の中に限定されていること、プレイヤーは動かず視線だけを動かすこと、リディオの動きもほぼラストだけに限られていることなどさまざまな要因によって、気持ち悪くなることもなく没入体験ができました。

009 010
VRゴーグルはOculus Riftではなく、スマートフォンをはめ込むタイプのものでした。VR版『マフィアモーレ☆』が実際にリリースされた際には、皆さんお手持ちのスマートフォンにアプリをDLし、お好きなVRゴーグルを利用して楽しむという形になるそうです。VR美少女はすでに世にたくさん出ていますが、VRイケメンはまだまだ少ないので今後のアプリ展開に期待したいです!

▼関連リンク
株式会社ポケット・クエリーズ
株式会社エイタロウソフト
東京ゲームショウ2015

PageTopへ