IMG_5506

グレーゾーン? それともアウト? ~不正を働くアプリたち~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年9月28日]

 App StoreやGoogle playでは今日も様々なアプリがリリースされている。当然その多くは健全なアプリだが、一部ではアプリストアのポリシーに抵触しかねないアプリもリリースされている。そうしたアプリにも様々な種類があり、ストア側が制限を強化したものもある。

違反アプリの定番とは

 App Storeのポリシーには以下の文がある。

Developers who attempt to manipulate or cheat the user reviews or chart ranking in the App Store with fake or paid reviews, or any other inappropriate methods will be removed from the iOS Developer Program(App Storeでのユーザーレビューやチャートのランキングを不正操作した開発者は、iOSデベロッパプログラムから削除されます)

 ポリシー違反のアプリの中でも、特にこの条文に違反するものが群を抜いて多い。
 例えば不自然なほど評価が高く、レビューの数が多いこちらのアプリ。

g

ランキングに長年載っているような定番アプリよりも圧倒的に評価の数が多い。

 内容は脱出ゲームだが、答えを見るにはレビューで星5をつけろと要求してくる。

k

この機能はレビューの不正操作に該当する。

 
 こういったアプリと出会った場合、実は星5をつける必要は無い。というのもアプリ側にユーザーが星5をつけたかどうか確認する事は出来ないからだ。

 

IMG_5506h

実際に星1をつけて適当にレビューしても、無事答えを確認することが出来た

 レビューが不正に操作されてはそのアプリが本当に面白いのか、役に立つのか分からなくなってしまい、レビューの存在価値がなくなってしまうだろう。

 もう一つ上記の条文に違反する類のアプリがある。それは、ダウンロード数を不正に増やし、ランキングを操作するもの。
 その代表格がいわゆる「お小遣いアプリ」。指定されたアプリをダウンロードすることで一定数のポイントがもらえ、そのポイントをアマゾンpointなどと交換することが出来る。
 こうしたアプリはリワード広告、その中でも特にブースト広告と呼ばれるジャンルに属し、その影響力から、レビュー操作よりも問題視されてきた。
 こちらはアップトーキョーさんによる調査結果だ。赤に囲まれたアプリがブースト広告を利用したアプリ。

ランキングの大部分がブースト広告の餌食に……

 そしてついに、2015年の夏にランキングを操作する「お小遣いアプリ」は、App Store側よりBAN(リジェクト)され、事態の解決をみた。ここでそれらアプリのスクリーンショットをご紹介できないのはそのためだ。
 なお新規のユーザーは獲得出来ないが「お小遣いアプリ」自体は未だに機能しており、ランキング操作は行われ続けているという……。
 どちらにせよアプリストアが、ランキングもレビューも機能しないような状態にならないことを願うばかりだ。

▼参考リンク
アップトーキョー

PageTopへ