非常にシンプルでスッキリとした机周り

個人でもリアルタイムオンラインはできる!『みんなで倒せ!70億のゴブリン!』 開発者インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年8月10日]

002 クリッカー系アプリ『みんなで倒せ!70億のゴブリン!』。クリアまでの総タップ数は約70億回(ボーナスタイムがあることを考慮すると実際には70億よりは少ない)と、やりすぎ感が否めません。
 しかし「リアルタイムオンライン」要素を取り入れ、都道府県対抗にすることで、個人開発アプリながら協力プレイを実現し、連帯感と達成感をプレイヤーに与えることに成功しています。プレイヤーが増えれば増えるほど面白くなる。もっとたくさんの人にプレイしてほしい。
 というわけで、開発者の「伝説のマニア」さんにメールでお話を伺いました。

▼関連記事
都道府県対抗! リアルタイム協力クリッカーゲーム『みんなで倒せ!70億のゴブリン!』
オラ!オラ!オラーッ!割れるまでタップし続けろ!全世界800万ダウンロード『100万のタマゴ』
インタビュー 記事一覧

C言語を学んだのがきっかけでプログラミング漬けに♪

──自己紹介をお願いします
 「伝説のマニア」と申します。沖縄県出身、沖縄県在住の男性です。現在は普通のサラリーマンしながら趣味でアプリ開発を行っています。プログラミングは、大学の授業でC言語を習ったのがきっかけで好きになりました。今では遊ぶ暇もなくプログラミング漬けの毎日です♪
 あと、パソコンが大好きです! 家に帰るとすぐにパソコンのスイッチを付けます。スイッチが付いた瞬間、目の前に「なにかの世界」が広がります(笑)

──ハンドルネームが独特ですね。由来を教えていただけますか?
 ぶっちゃけあまり意味はありません(笑)
 単に「伝説」「マニア」という単語が好きなだけです♪

──アプリ開発を始めたきっかけを教えてください
 元々プログラミングが好きだったのですが、アプリ開発している友人に誘われたのがきっかけで、自分も開発を始めました。

──開発環境を教えてください

非常にシンプルでスッキリとした机周り

非常にシンプルでスッキリとした机周り

 Mac mini 2012、モニターは多分23インチくらいです。デュアルにしてあります。
 クライアント側のゲームクライアント開発ではUnityを使用しています。
 サーバー側のゲームサーバー開発は、Mac miniで、仮想OS「ubuntu 12.04」を使っています。「eclipse CDT」を使っていて、C/C++でプログラムを書いています。
 本番環境は、安いvps(仮想専用サーバ)をレンタルして使っています。

自分もリアルタイムオンラインゲームが作りたい!

──どのようなきっかけで『70億のゴブリン』企画が生まれたのですか?
 友人とスターバックスでダラダラ~とアプリ開発に関するおしゃべりをしている中で案が浮かんできました(笑)『100万のタマゴ』から大きい影響を受けています。「へぇ~こんなのあるんだぁ~、これみんなで叩いたら面白いと思わない?w」というような会話がきっかけで、3週間後に今の『70億のゴブリン』が完成しました。

──なぜゴブリンの数を70億にしたのですか? 人口と同じにしたかったからですか? ちょっと多すぎませんか?(笑)
 ぶっちゃけ深い意味はありません(笑)何となく響きがよかったからです。「あ~ゴブリン数どうしよっかなぁ~。数億くらいにしようかなぁ~、7億が響きいいなぁ、あ~でもどうせなら70億にしよっかな♪」くらいの軽いノリです。
 やっぱり多すぎ……ですよね……(汗)
 ユーザーさんが増えてくれることを期待します……!(笑)

──協力プレイ形式にしたきっかけや理由を教えてください
 ネットワークプログラミングが大好きで、「アプリ作るなら絶対オンラインゲーム!」というこだわりがあるからです!

──前作『空島大乱闘』も「リアルタイムオンライン」がカギでしたね。リアルタイムオンラインにこだわるのはどうしてですか?
 実際に自分自身がPCオンラインゲームにハマった経験があって、リアルタイムで他のユーザーと一緒にゲームをプレイすることがものすごく面白い! と思ったんです。そのときに「自分も絶対リアルタイムオンラインゲーム作りたい!」と決意しました。「socket」という単語を聞いただけでなんかワクワクします(笑)

──リアルタイムオンライン形式にするうえで気を付けている点をおしえてください
 リアルタイムオンラインの面白さは、他のプレイヤーと同時にゲームを遊べることですが、逆に言うと「同時でなければ遊べない」というのが大きな弱点になります。これについては前作の『空島大乱闘』で苦い経験をしました(苦笑)個人レベルで開発している私には広告費を大量に捻出できず、また人を集めるノウハウもありませんでした。その結果、アプリリリース当初から「人が集まらない」「遊べない」「つまらない」という状態になってしまいました……。
 そういった前作の経験を踏まえて『70億のゴブリン』は、「リアルタイムであるが、同時に接続していなくても遊ぶことができる」仕様にしました。
 そもそもスマートフォンは、がっつり「ゲームやろう!」という意気込みでやる人はあまりいないと感じています。隙間時間でぱぱっとできるゲームが好まれる傾向にあるようなので、「リアルタイムオンライン」にこだわりすぎるとあまりプレイしてもらえない、シビアな結果がでると感じています。

──常に同期させるということはそれなりのサーバーが必要ですよね。サーバー代で足が出てしまうということはありませんか?
 まさにそうです……! (リアルタイムオンラインではない)普通のアプリであれば、特に利益がでなくともとりあえずストアに出してしまえというのもアリだと思います。しかし、オンラインゲームアプリの場合、サーバー稼動が必須なので、運営している間はずっとサーバー代がかかります。最低限サーバー代だけでも稼げないと毎月赤字ばかりたまっていきます。これはいま直面している問題の中でも本当に困っているものです……。

個人トップ2強が埼玉! 他都道府県もかなりの接戦

──キャラクターデザイン・CV担当の「うにょ」さんとはどのようなきっかけで知り合われたのですか?
 うにょさんは、実は親戚です。家もメチャクチャ近いところにあるんですよ。
「うにょさんって絵描けるんだぁ~! 描いて描いて~♪ ……うほっ、うまいじゃん!」……という流れで今に至ります♪ CVについても「なんかボイスっていい(フリー)素材ないんだよねぇ」と話していたら、うにょさんから「そうですね、ないですよね……って思ったのでボイス作ってみました!」というLINEがきまして。「まじかw」みたいな(笑)
 そんなこんなで今のゴブリンイラストとゴブリンの悲鳴ができあがりました。うにょさんは本当に多才です!

──クリッカー系がお好きなんですか?
 いえ、実は全く好きじゃないんです。どっちかというと、ヘビーなゲームの方が好みですね(笑)

──「アラド戦記」にハマったことがあるそうですが、どのくらいハマっていましたか?
 そうなんです、アラド戦記は相当ハマりました!
 ゲーム中でやること(クエスト)が1日中ちゃんとあって、2~3年くらいはプレイしていました。コタツの上にモニター・キーボード・マウスを置いて、コタツに入ってビールを飲みながらアラドやって、そのまま寝落ち、起きたらすぐにプレイ再開……みたいな感じでしたね(笑)

──沖縄は冬でも暖かいイメージがありますが、コタツって必要なんですか!? それとも伝説のマニアさんが寒がりなのでしょうか?
 そうですね(笑) 寒がりというより、コタツ+パソコン+ビールの組み合わせが大好きなだけかもしれません(笑)

──他にお好きなゲームはありますか? またゲームに限らずお好きなエンタメ作品があったら教えてください
 どれもオンラインゲームになってしまいますが、『リネージュ2』『コールオブデューティー』もかなりハマっていました。『CoD』は総プレイ時間2,000時間を超えていると思います(笑)
 今はこれといってハマっているゲームはありません、完全に難民化しています。移住先を探し中です……。

ユーザー数が増えるほど接戦になる

ユーザー数が増えるほど接戦になる

──埼玉県がやたら強いのは、1人が頑張ってるからでしょうか? それとも埼玉県を選択した人が多いからでしょうか?
 たまたまだと思うのですが、おそらく個人トップ2強が埼玉県ですね(笑)この2人のユーザーさんが超頑張ってくれているんだと思います!
 個人的には出身地の沖縄県に勝ってほしいです。いまのところよく健闘してくれていますね。

──「現住所と違う地域を選んでもかまわない」と最初に言っておかないと、人口の少ない地域の人があきらめてしまわないでしょうか?
 そうですね……そのあたりはあまり考えていませんでした……。

 ※編注:2015年8月10日現在、石川県をのぞいた46都道府県、特に上位は接戦となっています。石川県を盛り上げてやるぜ! というユーザー様募集中です。

今後もオンラインゲームを作っていきたい

──個人的には『70億のゴブリン』がバズってたくさんの人がプレイしてくれたら物凄く面白くなると思っています。なにかアプリを広めるために行っていることや、「こうしたい」と考えていることなどありますか?
 ほんとですね! 流行ってくれたら涙を流して喜ぶと思います(笑)
 このアプリに対して行っていることというより、今後についてなのですが、今回リリースした『70億のゴブリン』のように開発期間が短いゲームを少しずつ増やしていき、自社広告で新アプリを宣伝できるようになることを目指しています!

──最後に一言お願いします!
まだまだ駆け出しの個人開発者ですが、今後もオンラインゲーム中心にアプリ開発していきたいと思っています!!

──本日はありがとうございました

▼関連リンク
伝説のマニア

PageTopへ