023

ねんどろいど面相チャレンジ他「W.H.L.4.U.22!」【ワンダーフェスティバル2015[夏]】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年7月28日]

001
 2015年7月26日(日)、千葉県は幕張メッセにて、ワンダーフェスティバル2015[夏]が開催されました。今年初の猛暑日に見舞われましたが、ステージもディーラーも一般参加者も暑さに負けない熱気を放っていました。

▼目次
ねんどろいど面相チャレンジ他「W.H.L.4.U.22!」
個人でも3D造形を扱える時代に
ボディペイントに抽選会!参加型イベントも盛りだくさん

▼関連記事
ワンダーフェスティバル 記事一覧

ねんどろいど面相チャレンジ!NEXT

007
 まずはワンフェス恒例の、マックスファクトリーとグッドスマイルカンパニー合同ブース「WONDERFUL HOBBY LIFE FOR YOU!!22」(W.H.L.4.U.22)をご紹介します。「まなぶ」「あそぶ」「つくる」をテーマに、体験コーナー「ユーザーステーション」が用意されていました。

008
 「ねんどろいど面相チャレンジ!NEXT」では、ねんどろいどののっぺら顔を購入して、世界で1つだけのオリジナルねんどろいどフェイスを作ることができます。

009
 デジタルとアナログが選べます。デジタルの場合はPhotoshopを使って顔データを作り、シールにプリントしてのっぺら顔にはりつけます。アナログの場合は直接書き込みます。私はデジタルを選びました。

010
 一般的なねんどろいどフェイスがガイドとして表示されていますので、その上のレイヤーにオリジナルフェイスを描きこんでいきます。シール印刷の仕様上、白色は再現できないので、ハイライトと白目は塗りません。

011
 シールには3つの顔が印刷されています。会場には作業コーナーが用意されていて、その場で作業して記念撮影をすることができたのですが、暑さのあまり手が汗でぬるぬるになってしまったので(笑)自宅に持ち帰りました。

012
 作業スペースには、グッスマスタッフやニトロプラススタッフの作ったねんどろいどフェイスが展示されていました! かわいいものや、ちょっと不気味なものまで、個性が爆発していますね。

013
 さて自宅でのっぺらフェイスにシールを張ってみます。これは仮乗せしたところです。目と口はバラバラに切ったほうがしっかり張ることができます。というわけで細かく切っていきます。今回は「ねんどろいど リヴァイ」に及川オリジナルフェイスをくっつける予定なので、目の位置はリヴァイを参考にしたいと思います。

……
…………
………………

014
 何の成果も得られませんでした!!!!!
 これは(気泡が入るとしても)、目と口を切り離さない方がマシだったような気がします……orz ちゃんと水で濡らしながら貼り付けたのですが、印刷が粉っぽくはがれてしまって、のっぺらフェイスが汚れてしまいました。不器用すぎる自分にドン引きです。

015
 これが……

016
 こうなりました! なにこれ気持ち悪い(笑)

 シール貼りも盛大に失敗しましたが、人選もおもいきりミスしてますね(笑)ハンジさんのねんどろいど、出ないかなぁ……。ちなみに我が家にあるねんどろいどは「エレン・イェーガー」「ミカサ・アッカーマン」「リヴァイ」「超大型巨人」の4体だけです。かわいい系のねんどろいども欲しいのですが、もう飾る場所がないので、棚を増設したら買いたいと思います。

 同時に購入した「ねんどろいどぷれいボックス」も組み立ててみました。
017
 透明なボックスに、床と背景がついてきます。

 018
 組み立てると、このようになります。ねんどろいどを飾るのにぴったりです!

かわいく撮れる!デラックス撮影体験コーナー

019
 「ねんどろいど面相チャレンジ!NEXT」ブースのお向かいは、「かわいく撮れる!デラックス撮影体験コーナー」です。ねんどろいどサイズに調整されたセットが複数用意されていて、もちこんだ自分のねんどろいどや、借りたねんどろいどで撮影会ができます。

020
 せっかくなので可愛い女の子を撮影したかったので、艦これの赤城さんと加賀さんを借りました。そういえば先日、艦これを始めたばかりの無知だったころに、近代化改修の材料に使ってしまった赤城さんが再び鎮守府に来てくれたんですよね~♡

021
 借りたセットは「MIYABI」。純和風のお部屋です。刀剣乱舞のねんどろいども似合いそうですね。リリース予定の刀剣乱舞ねんどろいどはすべて予約しているので、和風のセットも併せて揃えたいです。

022
 夏用のちゃぶ台だけではなく、冬用こたつや、艦これ系ねんどろいどで汎用性が高いグッズも用意されています。

023
 iPhone5で撮影してもこのクオリティ! 接写技術や加工技術を高めたら、もっと素敵な写真が撮れると思います。

024
 照明を当てることによって明るい写真が撮れるようになっています。壁や障子、畳などは特に販売予定がないそうですが、自分で写真を撮って(あるいはイラストを描いて)ダンボールに張り付ければ簡易セットが作れそうです。
 小物は、それぞれのねんどろいどに付属してくる物を流用することができます。(小物やパーツを集めるために、たくさんのねんどろいどを収集している方もいるそうです!)ノンスケールフィギュアということもあって、似たようなサイズ感のおもちゃの小物を流用することも可能です。
 個人ディーラーブースでは、ねんどろいどやfigma用の小物を販売している場合もあります。ねんどろいどやfigmaはサイズの規格が統一されているので、こまめにチェックしていると、自分好みの小物が手に入るとおもいます。自作してみるのも楽しいかもしれませんね。

3D原型VR体験

025
 3Dのフィギュア原型をVRで掴む体験コーナー「3D原型VR体験」です。

026
 Leap Motionを利用して3D原型を掴みます。

027
 物語シリーズの千石撫子(メデューサ版)を、VR上で持ち上げ、さまざまな角度から眺めることができます。原型の段階で、VR空間であらゆる角度からチェックできるので、購入前の参考になると思います。

おまけ:刀剣乱舞コーナー&Orange Rouge

028
 刀剣乱舞特設コーナーの隣で男性フィギュア専門ブランド「Orange Rouge」の設立が発表されました。今後の刀剣乱舞のねんどろいどは「Orange Rouge」から発売されるそうです。他にも『デュラララ×2』や『ハイキュー!!』など女性人気の高い作品の男性キャラの制作も決定しています。

 これまでフィギュアといえば、ほとんどが女性キャラクターでした。『進撃の巨人』など、躍動感のあるキャラクターが多い作品では、男性フィギュアもリリースされていましたが、総数でいうと圧倒的に少ないのが現状です。アルター製の『デュラララ!!』フィギュア(「折原臨也」「平和島静雄」)などは非常にクオリティが高かったので、それに続く男性キャラクターが現状『進撃の巨人』関係に偏ってしまっているのはもったいなく感じます。

 ねんどろいどやfigmaの普及によって、フィギュア蒐集をする女性も増えています。またクオリティの高い男性キャラクターフィギュアを求める声も高まっています。「Orange Rouge」の今後の動向には要注目です。

029
 彩色済で発売日待ちの「三日月宗近」「加州清光」「小狐丸」。

030 031
 1/8スケールの「小狐丸」は彩色済、「三日月宗近」は監修中です。

 035 032
 予約終了間近の「鶴丸国永」と、制作が決定した「燭台切光忠」。

033 034
 ほかにも監修中のフィギュアはたくさんあります。今後のグッズ展開が楽しみです。個人的には、初期刀の中だと加州清光のフィギュアが圧倒的に多いので、他4名が完成する日を心待ちにしています。

▼関連リンク
ワンダーフェスティバル
WONDERFUL HOBBY LIFE FOR YOU!!22
ユーザーステーション
Orange Rouge

PageTopへ