026

【BitSummit 2015】小規模・インディー開発アプリが大盛り上がり(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年7月13日]

020
 BitSummit 2015会場の京都市・みやこめっせ。早く到着しすぎたのでまだ人気がありませんが、一般向け開場時刻(7月11日12時~)には驚くほどたくさんのお客さんがつめかけました。別のフロアで京都マダム向けの服飾系イベントも行われていたようで、空調が効いているはずなのにロビーも熱気に包まれていました。

▼目次
ちょゲつくがVR化!Unityブースは和風休憩処に!攻める企業ブース
小規模・インディー開発アプリが大盛り上がり(1)
小規模・インディー開発アプリが大盛り上がり(2)
小規模・インディー開発アプリが大盛り上がり(3)

『とっとこダンジョン』(room6)

021
 まずはおなじみ『とっとこダンジョン』のroom6ブース。会場のライティングが赤かったので、いつもより強そうな感じがします。展示されていたのは『とっとこダンジョン』の試遊と、新作アプリ『とっとこドルアーガ』のイメージイラストでした。

 022
 おみやげにいただいたチラシは200枚限定の永久保存版だそうです!(私がいただいてよかったのでしょうか……)『とっとこドルアーガ』は、『とっとこダンジョン』と『ドルアーガの塔』のコラボアプリです。バンダイナムコによる「カタログIPオープン化プロジェクト」を受けての作品です。秋が楽しみですね。

『勇者ヤマダくん』(Onion Games)

023
 『ロマンシング サ・ガ』シリーズや『moon』などで有名な木村祥朗氏率いるOnion Gamesの最新作は、オジサンと女子高生のピュアラブ系RPG『勇者ヤマダくん』です。

024
 リリース日は未定ですが、実機で遊ぶことができました。

025
 ゲームの内容はゲーム開発が趣味のダメサラリーマンのオジサン・ヤマダくんが、自作妄想RPGの中で大活躍して花のJKマリアちゃんとピュアなラブに陥る……というダンジョン攻略RPGです。現実のヤマダくんは帰宅するとすぐにスーツを脱ぎ散らかし、パンツ一丁でパソコンに向かう、いい感じに熟成されたダメオジです(笑)妄想の中で、どのくらいかっこよくなれるのか、楽しみです!(でも帰宅後に自主的にゲーム作りをするなんて、ゲーム業界としてはまったく「ダメなオジサン」じゃないですよね)

『まかいピクニック』(Route24)

026
 つづいては『スーパーマリオRPG』などで有名な西健一氏率いるRoute24の新作『まかいピクニック』です。

027
 仲間のモンスがアカメという名の「まおう」に捉えられてしまいました。モンスたちは力を合わせて仲間の救出に向かいます。プレイヤーが行うのは、どのモンスを救出に向かわせるか選択するだけなのですが……

028
 このように1匹でも仲間モンスが犠牲になると、クリアすることができません。モンスたちには様々な特性があるので、何度もトライしてベストメンバーを探しましょう。

 『まかいピクニック』の面白い点は、放置とパズルの要素を上手にとりいれていることと、助けたモンスと友達になることによって、世界中に友達が増え、親密度があがるとメッセージのやり取りができるようになるということです。レスキューマップは世界地図と同じ形をしています。地球のどこかで助けをまっているモンスを、友達を、探しにいきましょう!

Alarm Playing Game『dreeps』

029
 完全放置でRPGが楽しめる『dreeps』です。

031
 プレイヤーがすることは、アラームをセットすることだけ。

030
 アラームが鳴ると冒険がスタートします。あとは仕事や学校などの時間、完全に放置していてもオートでRPGが進行していきます。ときどき立ち上げて覗いてみると、新しい世界が広がっているかもしれません。かわいらしいドットイラストは見ていて飽きません。ゲームをする気力と体力と時間がない方にオススメのアプリです。

おまけ:三条大橋とスタバと泥棒トンビ

 BitSummit会場に到着したのが少し早かったので、鴨川にかかる三条大橋を見物に行きました。刀剣乱舞の6-2の舞台です。実は以前からちょっと気になっていることがあったので、会場からてくてくと15分ほど歩きました。

015
 これが刀剣乱舞6-2「三条大橋」のマップです。右端からスタートして左端のボスを目指すのですが、サイコロに翻弄されて、なかなかボスマスに到達できないことで有名です。気になっていることというのは、一部のプレイヤーが外れルートを「スタバ」「本屋」などと呼んでいる謎です。

 意外と(川幅も横幅も)狭い橋なのね……
017 016
 ……って、スタバあったーーーー!?!?!!!

018 019
 反対側の三条駅ビルにはBOOK OFFも入っています(2015年7月現在)。
「なるほど、そして、なるほど!」と納得しました。じゃあ鴨川を「鴨川」と表記するのは、鴨がたくさんいるからかな?(笑)(※鴨(賀茂)氏が住んでいたから鴨(賀茂)川です)
 といいますか、こんな狭い橋の上に合計8つも敵マスがあるって……橋の上絶対ギュウギュウですよね。敵は6列縦隊状態だし(笑)、味方は短刀6人編成でもお互いの間合いにお互いが入ってしまうのではないでしょうか。これでは刀身の長いキャラクターを連れていけないのも道理です。むしろ槍でまとめて串刺しにできるのでは……あ、それは敵の高速槍でした(苦笑)

 そんなアホなことを考えていたとき、事件は起こりました。『とっとこダンジョン』の木村さんにあれほど注意されていたにも関わらず、私は油断していました。左手にもっていた食べかけのたい焼きをトンビにかっさらわれてしまったのです。(▼関連記事:『とっとこダンジョン』のダウンロード数を増やしたい!「room6」インタビュー
 耳元でバサバサッと激しい物音(落ち着いて考えるとトンビの羽根が風を切る音でした)が聞こえたと思った次の瞬間には、たいやきがもぎとられ、鋭い痛みだけが残っていました。茫然とする私。驚きすぎて心臓が口から飛び出そうになりました。トンビはサンドイッチじゃなくても、なんでも狙うのね……。
 見事にオマヌケな観光客と化した私は、とぼとぼとBitSummit会場・みやこめっせに戻ったのでした。

▼目次
ちょゲつくがVR化!Unityブースは和風休憩処に!攻める企業ブース
小規模・インディー開発アプリが大盛り上がり(1)
小規模・インディー開発アプリが大盛り上がり(2)
小規模・インディー開発アプリが大盛り上がり(3)

▼関連リンク
room6
とっとこドルアーガ
Onion Games
Route24
カタログIPオープン化プロジェクト
dreeps.net

PageTopへ