Netflix_Logo_Digital+Video

吉本興業も参入か? 定額制ネット動画配信の「巨人」米ネットフリックス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年6月09日]

 今年の秋に日本進出が予定されている米国のネット動画配信大手・ネットフリックス(Netflix)が、吉本興業へ独自番組の制作を依頼していることが分かりました。

 朝日新聞などの報道によりますと、吉本興業はネットフリックスから資金提供を受け、バラエティ番組を中心に制作する見込みだといいます。さて、このネットフリックスですが、いったいどんな会社なのでしょうか?

5,740万世帯が利用 動画配信の巨人

 ネットフリックスは定額制ネット動画配信の「巨人」と呼ばれる米国企業です。好きな時間に好きな番組を見られ、コンテンツも充実していることから、現在50ヶ国で5,740万世帯、6,000万人以上が利用するほどの人気を博しています。

 ネット回線を通じて動画を配信するといっても、パソコンで視聴しなくてはいけないというわけではありません。タブレットやスマホはもちろん、最近ではNetflix対応のテレビも販売されています。料金もリーズナブルで、東洋経済オンラインによりますと、月額8.99ドル(約1,095円)からの定額制になっています。

 ユーザーの好みに合わせた番組をおススメしてくれるレコメンド機能も充実しており、会員一人当たりの視聴時間は一ヶ月あたり35〜40時間にもなっています。

高品質コンテンツを独自制作

 安倍首相が訪米時の挨拶で夢中になって見ていると明かした政治ドラマ『ハウス・オブ・カード』も、ネットフリックスが制作・配信した作品です。この作品はネット配信の番組としては初めてプライムタイム・エミー賞を受賞しています。

 豊富な資金力を背景に、配信のみならず、コンテンツ制作にも力を入れるネットフリックスは、米国のテレビやCM業界を根底から揺さぶっています。毎日新聞によりますと、ユーザーがネットフリックスへ移行した結果、今年の米国テレビ局の広告収入は前年比で10%ほど、ケーブルテレビも5%ほど低下する見込みだといいます。

 来年にはブラッド・ピット主演のオリジナル映画の放送も決まっているというネットフリックス–「黒船」の上陸は日本のメディア産業にどのような影響を与えるのでしょうか?

【参考リンク】
Netflix – 大好きな映画やドラマをオンラインで楽しもう!
・上陸!「ネットフリックス」は何がすごいのか | 東洋経済オンライン |
・有料動画配信:黒船か 「ネットフリックス」知ってるよね – 毎日新聞

タグ:
PageTopへ