001

【インタビュー】金欠でデートがファーストフードに!Apple Fanboyの彼女が語る『男のロマン』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年5月01日]

001
先の記事では敬虔なApple Fanboy(アップル信者)にインタビューを行いました。本記事ではApple Fanboy氏のガールフレンド嬢をお迎えして、彼氏やApple製品について思いのたけを語っていただきます。果たしてガジェット好きのボーイフレンドを持つ女性の本音はいかに……!?

▼目次
【インタビュー】愛し続けて10年・Apple Fanboyが語るApple製品の魅力
【インタビュー】金欠でデートがファーストフードに!Apple Fanboyの彼女が語る『男のロマン』

▼関連記事
Apple 記事一覧

──プロフィールを教えてください
 IT企業に勤務している20代の女性です。18年間アメリカで暮らしていたので、バイリンガルです。

──Apple製品を持っていますか?
 「iPhone」(現在は6)と「MacBook Pro」を持っています。
 初めて買ったのは2009年で、「iPhone 3GS」です。職場の同僚の多くがiPhoneユーザーだったので、その影響で私も持つようになりました。端末はこれまで「iPhone 3GS」「iPhone 4s」「iPhone 5」「iPhone 6」という風に、ずっとiPhoneを使っています。本体が壊れない限り、基本的に2年間使ってから新しい端末に買い替えます。
 PCは大学の頃から使っていたWindowsのノートパソコンが壊れてしまったため、「MacBook Pro」を持つようになりました。

──Appleファンですか?
 昔は「iPhoneを持っていると格好いい」「Macを使いこなせている人は憧れる……」という思っていましたが、特にAppleのファンだというわけではありません。現在も「iPhone 6」を利用していますが、わざわざ他の端末(Android機など)に変えるのが面倒くさいから使い続けている、という感じです。iPhoneを使う利点は、端末に問題が起きたとしても(彼氏を含めて)周囲にApple製品を所持している人がたくさんいるので、すぐに質問をできることだと思います。

──彼が並んでいたときに差し入れをしたと聞いていますが?
 仕事上がりに「iPhone 6 Plus」を求めて表参道店に並んでいる彼のために差し入れを持っていってあげたことがあります。Apple Store前はお祭り騒ぎになっていて(よくメディアで報道されるiPhone型コスプレイヤーなどの)仮装した人がたくさんいて、生で見られたのは楽しかったです。
 彼が並んでいる場所までいくと、前後の方とは仲良くしている様子で「すぐに戻ってくるのでよろしくお願いします」と声をかけて少しだけお散歩をしました。やはり1人で並ぶのは退屈そうで、知り合いが会いにいくとかなり喜びます。友達の差し入れにもいつも感謝しているようです。

──彼が「Apple Fanboy」で良かったことを教えてください
 「MacBook pro」で操作方法がわからないときにみてくれたり「iPhone」の調子が悪いときに適切で詳しいアドバイスをくれるのでとても助かっています。たいていの問題は彼に訊けば解決するので、楽です。Apple製品そのものに強い関心を持っているわけではありませんが、新製品をいち早く貸してもらって試せるのも嬉しいです。

──反対に「これは嫌!」ということを教えてください
 デートとApple製品の発売日などが被るときです……。
 一番ショックだったのは、山梨まで小旅行をしたときのことです。よりによって、家電量販店で「iPhone 6 Plus」の予約受け付けが始まった日と被ってしまって、予定より数時間早めに都内に引き返すことになりました。「申し訳ない」とは言ってくれたんですけど、楽しみにしていた温泉や食事をせかしてきたことに呆れましたし、都内に着いた途端、私を残して1人で家電量販店に全速力で駆け込んで行った彼の姿は忘れられません。

003

 この日以来、Appleのイベントがある時は、彼とは予定を立てないことにしました。無駄な喧嘩は避けたいですから。

002 しかも最新のApple製品が手に入るたびに、聞いてもいないのにゲットしたての製品を見せつけてきたり、良さをアピールしてきたりします。最近だと「Apple Watch」から私に連絡してくるときに、質問に対して顔文字だけを送りつけてくるのが嫌です。すごく楽しみにしていたので気持ちはわかるのですが、顔文字ばかりだとちょっとね……(苦笑)

 ほかにも新製品が発売されるたびに「アップルLove論」を語りだして、初日にゲットできるか分からない注目が高い製品に関しては、ゲットするためのプランニング(しかもやたら綿密!)を私に教えてくれます。正直疲れますね(笑)

 もう1つ付け足すとすれば、Apple製品を購入するために、デートが質素になるところです。
 彼は、元々ファーストフードで食事を済ませることが多いのですが、Apple製品を買うと決めると、数ヶ月前から金欠を理由にマクドナルドや吉野家でのデート頻度が増えます(当然割り勘しています)。私は美味しいものが好きなので、たまにはちゃんとしたレストランで食事をしたいです! 

──……色々大変だったんですね。それでも「Apple Fanboy」な彼氏を応援しますか?
 私に迷惑がかからない範囲だったら、これからもApple Fanboyであり続けることを応援します。何かに夢中になって好きなことがあるのは良いと思いますし、男のロマンなのかなーと思って、理解はしているつもりです(笑)

──本日はありがとうございました

前編(彼氏編)はコチラ

PageTopへ