1-IMG_9398

世界最大級の動画広告AdColony、事業責任者が語る成功の秘訣とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年4月30日]

4月23日、六本木ヒルズ森タワーにて Glossom 株式会社がアプリ事業者に向けた動画広告セミナーを開催しました。同社は、2014年11月に米国1位の動画広告「AdColony」と事業提携を始め、1月にアプリ事業者向けに国内での動画広告の配信をスタートしました。本記事は、『米国No.1動画広告「AdColony」事業責任者に聞く成功の秘訣~』のセミナーで登壇した、AdColony本社の事業責任者2名の講演をお送りします。※本文中敬称略

▽関連記事:
ついにやってきた動画広告元年! 効果のあるクリエイティブを考える

AdColony は動画広告市場で最大のアドネットワーク

 AdColony パフォーマンス・アドバタイジング・ディレクターEric Dickinger 氏

AdColony パフォーマンスアドバタイジングディレクター
Eric Dickinger 氏

動画広告がアメリカで伸びている理由は、単純に上手くいっているからです。ブランドは動画広告によって認知度を高めることができ、アプリデベロッパーにとってはアプリのインストールを促す目的を果たしています。ユーザーはバナーより動画の方を好む傾向があります。日本でも、動画は爆発的に成長しており、この先数年内に広告のプラットフォームにおいては、動画広告こそが支配的な形になっていくでしょう。まさにアメリカで起きていることが、日本に起きつつあります。
AdColony について簡単に紹介していきます。私たちは世界最大のモバイル動画広告プラットフォームであり、月間アクティブユーザー数は世界的に7億人以上のリーチがあります。
広告効果測定ツールの提供を行う Tune社が発表した2015年春の調査における、上位25社のモバイル広告事業者のランキングで、私たちは Twitter、Google、InMobiの次で4位に入りました。このランキングの中では、動画広告としては AdColony が最大のプラットフォームです。
ではなぜ、これほど高い評価を得たのでしょうか。私たちは6カ月に一度、世界のトップのアプリデベロッパーに業界のトレンドや行動などについて100の質問を聴いております。そしてそのうちの1つが「アドネットワークの中で質が高いネットワークを3つ提示せよ」というところで、Facebook が1位で、その次に AdColony がいます。これは、私たちが良質なユーザーへのインストールを促しているからです。
質とはまた別に、アプリデベロッパーに重要な要素は、スケールです。「インストール数を増やせるアドネットワークは?」という質問も同様に、Facebook が1位、AdColony は2位という高い評価を得ました。
私たちの広告出稿パートナーには、Supercell、Machine Zone、EA、などの大手ゲームデベロッパーがいます。日本のトップデベロッパーとしてはグリー、ミクシィ、ガンホー、スクウェア・エニックス、セガ等が出稿しています。

AdColony_1
AdColony は3つのことにフォーカスしています。「パフォーマンス」は、ノンインセンティブ広告で質の高いユーザーを獲得するところ。そして「ブランド広告」としては Nike、コカ・コーラなどの企業と多くの広告キャンペーンをやっております。そして「マネタイズ」では、アプリ内動画広告でアプリデベロッパーのマネタイズのお手伝いをしております。収益化に成功したアプリをみて感じる共通点は、彼らは動画広告をただ単にアプリが出来上がってから追加するのではなくて、ゲームデザインの一部にしています。そうすることで、その動画広告はユーザーにより自然に感じられ、エンゲージメントの深まりや動画広告に対してポジティブな印象を持ちます。

マネタイズするにはゲーム効果について考える

AdColony マネタイズ・シニアバイスプレジデント David Pokress氏

AdColony マネタイズ・シニアバイスプレジデント
David Pokress氏

アプリに動画広告が導入された当初、アプリデベロッパーは皆、広告をみたら「通貨を獲得できる」というような単純な方法しかやっていませんでした。しかし、分かってきたことは、デベロッパーが収益を稼げつつも、ユーザー体験を損なわせないためには、ゲームプレイにプラスな効果が必要でした。

ユーザーにゲーム内通貨を付与することはゲームへのプラス効果ですが、他にも効果を上げる方法が3つあります。

(1)見やすくすること
(2)すぐにもらえる
(3)ゲーム内では買えない、独自性

例えば、Rovio のレーシングゲーム『Angry Bird Go』には、動画広告がゲーム体験の中に組み込まれています。ユーザーが動画をクリックして視聴が終わると、即座に画面に変化が見られます。視聴ボタンが消え、車体のエンジンが変わりユーザーにより魅力的なものにアップグレードされます。これら広告は、ユーザーにとって変化が見やすくて、お金やゲームの通貨では買えないもので、ゲーム中に大きな効果をもたらしてくれます。

AdColony_2

また Rovio が提供する『Angry Birds Epic』では、動画を視聴したときのメリットが明確に記載されており「10% 多く体力を獲得する」等の効果がすぐに付与されます。繰り返しになりますが、これはお金では買えない特典となります。

AdColony_3

収益化に成功しているアプリが持つ共通点には、2つのモデルがあると思います。収益を最大化するにあたって、まずスケールを大きくする、DAU の数を牽引するのが1つのやり方です。この場合には、カジュアルなアプリで、より大規模なユーザーを対象にします。1回の動画視聴では収益は少ないが、多数のユーザーがいることで収益が大きくなっています。一方で、DAU が少ないハードコアやミッドコアの小規模のアプリがあります。ユーザー数は少ないが、広告主にとっては魅力的なユーザーであるため、1回の動画視聴で高い収益を狙えます。戦略を考えていくにあたって、どのような種類のゲームを持っているかを理解し、そして動画を取り込むことが大事だと思います。

広告でのマネタイズを超えて「動画の力」についてご説明します。広告を配信してお金を稼ぐ以上に、AdColony や Glossom と提携することに利点があると思います。

(1)バリューエクスチェンジ:ユーザーが動画広告を見ることでマネタイズできる
(2)クロスプロモーション:動画広告を使って他のゲームタイトルのプロモーションを行う
(3)アプリ内課金プロモーション:ゲームの中で、アプリ内課金を促す

AdColony、動画テクノロジーを考えるにあたって、動画広告がただ単に収益性がある以上に、どれほどアプリの成功を手助けするかについて考える必要があります。

▽関連リンク:
Glossom株式会社
AdColony

PageTopへ