2015-05-19_16h30_57

Google マップメーカー、悪質な書き込みによりサービスを一時停止中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年5月19日]

一時停止中(https://www.google.co.jp/mapmaker)

一時停止中のマップメーカー(https://www.google.co.jp/mapmaker)

 米グーグルは5月12日、Google マップ上での度重なるいたずら行為を受け、同社が提供する地図作成サイト「マップメーカー(Map Maker)」のサービスを一時停止すると発表しました。

 マップメーカーは、誰でもGoogle マップを編集することができる地図作成サイト。ユーザーにより、新しい建物や道路の情報、地元ならではの口コミなどが書き込まれると期待され、地図の拡充につながるとされていました。

 ユーザから投稿された情報は自動審査システムにかけられ、承認されればGoogle マップ上に正式に表示される仕組みでした。ところが、この編集承認システムに、大きな疑問符がつく事態が発生したのです。

地図上でイタズラ行為が続発

 先月下旬から、マップメーカーを使ったと思われるイタズラ行為が、Google マップ上で相次いで見つかりました。英BBCなどによりますと、米ワシントンのホワイトハウス内にエドワード・スノーデン氏をもじったと思われる「Edwards Snow Den(エドワードの雪の隠れ家)」なる架空の建物の情報が追加されていたといいます。

 日本のGoogle マップ上でも多くのイタズラが発生していました。FNNニュースなどによりますと、Google マップで皇居敷地内を拡大すると「オードリー春日トゥース」「オウム真理教皇居支部道場」「恒心教総本山」といった情報が表示されていたようです。

 マップメーカーは12日からサービスを一時停止しており、再開時期はいまのとろ未定ですが、Google マップからビジネスリスティング用の編集は可能となっています。

【参考リンク】
Google suspends Map Maker because of vandalism – BBC News
www.fnn-news.com: 「Googleマップ…
Map Maker temporarily unavailable for editing starting today – Google プロダクト フォーラム
 

タグ:
PageTopへ