アイキャッチ画像

ヌード画像をシェアしていた人は要チェック! Instagramの新ガイドライン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年4月20日]

5875712c405f5f8a369ed1bb7948d437_s撮影した写真や動画をフィルターで加工して友達に共有できる『Instagram』に、ヌード画像に関するコミュニティガイドラインの更新がありました。Instagram や Facebook 含むソーシャルメディアでは、誰もが安心して利用できるプラットフォームにするため、肌の露出が多い投稿は削除の対象になる可能性があります。

一体どう言った投稿はアウトなのか… マドンナはつい最近「お尻を見せられるけど、なぜ胸はダメなの?ソーシャルメディアの偽善に溺れる」と不満を Instagram に投稿していました。

これまで通り、Instagram はヌード画像はNGとしていますが、芸術や授乳などを一例に、ガイドラインがより明確になりました。ちなみに、生のお尻のアップはダメなようです。

多様なターゲット層に適した写真とビデオを投稿してください。
芸術的・創造的なヌード画像をシェアしたくなることもあるでしょう。しかし、さまざまな理由から、Instagramではヌード画像を許可していません。それには、性行為や性器、衣服を着けていない臀部のアップの写真、ビデオ、デジタル処理で作成されたコンテンツなどが含まれます。また、女性の乳首の写真も含まれますが、乳房切除術後の瘢痕や授乳をしている女性の写真は許可されます。ヌードの絵画や彫刻の写真も許可されています。

子供の写真やビデオをシェアしたい人も多くいます。安全上の理由から、全裸または半裸の子供の画像を削除することがあります。コンテンツ自体は悪意のないものであっても、予期しない形で他人に利用される可能性があるためです。詳しくは、保護者のためのヒントのページをご覧ください。

また、ガイドラインでは具体的に、投稿したコンテンツは自身が所有するもの(インターネットから入手したものはNG)である必要があると伝えています。詳しくは、Instagram コミュニティガイドラインを確認しましょう。

PageTopへ