TSJ93_hizamakuran20150208150259500

実録!現代の“パケ死”事情~iPhoneの機種変で「快適モード」の罠にハマる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年5月07日]

2015年4月某日

筆者「ほげぇぇぇえええええ!?!?」

筆者のiPhone 6に突如、この様な知らせが舞い込んできた。

料金請求だと!!

料金請求だと!!

課金した覚えないし、何で勝手に請求されてるの、、、、。

2015年5月11日追記~
読者様の情報提供により「快適モード一時停止」ではなく「解除」できる事が判明しましたので本稿の末尾に追記致しました。

時を遡る事、2015年3月某日

筆者は高校時代から愛用していたiPhone 4Sちゃんが寿命を迎え、iPhone 6に乗り換えようとソフトバンクに訪れていた。

筆者「えっ!!今なら実質タダでiPhone 6に乗り換えできるんですかぁ??」

店員さん「そうなんです!しかも、家族割など各種オプションを合わせると、今ならGalaxy TabとポケットWi-Fiも付いてきますよ~。」

筆者「んじゃそれで~!!」

その時の筆者は、iPhone 6を手に入れた喜びに加え、Galaxy TabとポケットWi-Fiも手に入れる事ができた喜びに満ち溢れていた。

そして送られてきた一通のメッセージ

そして時が戻り、送られてきたのが冒頭のメッセージです。

筆者「なんや!?何が起こってん!?!?」

恐怖に陥った筆者は急いで、契約内容を確認するために添付されたURLにアクセスしました。

快適モードってなんやん!?

快適モードってなんやん!?

筆者「か、快適モードって何やねん」「何で勝手に追加料金請求されとんねん。たしか7GB超えても低速になるだけのはずやろ!?」

これをきっかけに、快適モードの調査をしていくと、筆者と同様のユーザーが多数存在する事が判明しました。

パケ死を引き起こす「快適モード」とは!?

「快適モード」はソフトバンクによると、、、

softbank公式サイトより

softbank公式サイトより

つまり快適モードとは、

通信上限に達しても、低速通信にならず、自動で通信利用枠を購入する

オプションです。

筆者の場合、iPhone 6の契約の際に快適モードのオプションが追加されていたようです(こんな説明なかったし)。

さらに「iPhone6に乗り換えの際に半ば強制的に加入させられている」「解除してもまた復活する」といった声も散見されます。

これによって、多くのユーザー達が「パケ死」にいたってしまった模様です。

続出した「快適モードパケ死問題」の声

快適モードを解除してみる

この「快適モード」はどうすれば解除できるのでしょうか?

まずは、My SoftBankにアクセス。
「ご契約・ご利用状況」のページを選択。

ででで

「変更」をタップ。
「設定」の画面から一時停止中を選択。
じゅじゅじゅjfrfrfrfrr

この操作で「快適モード」を一時停止する事ができます。

しかし、快適モードは翌月になると再び復活する仕様のようです。ご注意を。

筆者はこのオプションについて料金を請求されるまで気づきませんでした。
お子さんにスマホを持たせている親御さんは特に注意が必要ではないでしょうか。

皆さんもこれを機会にご自分の契約内容をご確認する事をオススメ致します。

~追記~「快適モード確定解除の方法」

My SoftBankのトップページにアクセス。
トップページ右上の「メニュー」から「ご利用のデータ通信量を確認する」を選択。
ああいいいいい

「データの状況を確認・変更する」のページに移行するので「ご利用モードの設定」を選択。
ここから「快適モード」の解除が行えます。(制限モードを選択する事で快適モード解除になります)

うううううええええええ

この方法で快適モードを解除すれば、月ごとにリセットされる事なくご利用できます。

参考URL
ソフトバンク公式ページ

PageTopへ