インターネットは脳の一部か・・・?

インターネットは現代人の外部脳?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年4月06日]

インターネットは脳の一部か…?

インターネットは外部脳か…?

 人間はインターネット検索を通じて情報を得た場合、他の方法を使った時に比べて、自分の知的基盤をより大きなものだと思い込むようになる——米国・イエール大学の心理学者たちが1,000人以上を対象にした実験の結果を、Yele Newsが報じた。

 実験にあたった心理学者は「情報を検索する人は、アクセスできる情報と自分自身の個人的な知識を一緒くたにする傾向がある」と説明している。

 その上で、ハリケーンによりインターネット接続が不可能となった際に「自分が愚鈍になったような気がした」という人物の声を取り上げ、スマートフォンがほとんど人間の脳の付属物のようになっていると分析している。

 ただ、カナダのウォータールー大学の研究によると、分析的思考が苦手で、直感的な人ほど、手元のスマートフォンで迅速で簡単に答えを求める傾向があるという。これに対し、自分の頭で思考し、リーゾニング(論理的思考)出来る能力のある人は、インターネット検索に頼ることが比較的少ないといいます。

【参考リンク】
・YaleNews | Online illusion: Unplugged, we really aren’t that smart
・The brain in your pocket: Evidence that Smartphones are used to supplant thinking

 

PageTopへ