アイキャッチ画像

脱出ゲーム2本紹介!『Home Sweet Home』『SECRET CODE』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年4月01日]

ss007通勤途中にある桜を見ていると、あらためて春がきたんだなぁとしみじみ思います。寒がりさんにとっては嬉しい季節の変化ですね。けれども私は花粉症です。ぶっちゃけ家から出たくありません。一生冬が続けばいいと思っています。もし自分が脱出ゲームの主人公になったら、きっと脱出せずにゴロゴロすると思います。退屈? 妄想力の高いオタクなので平気です……。

……なんて言ってられませんよね! 部屋から脱出しないと餓死しちゃいます(笑)幸せ生活の象徴「食っちゃ寝」は、「食べる」と「寝る」が両方成り立たないとダメです。頑張って脱出するぞー、というわけで本日は脱出ゲームを2本ご紹介したいと思います。『Home Sweet Home』と『SECRET CODE』、2つに共通しているのは部屋が3Dで作られているということ。しかし、難易度も面白さの方向性もバラバラです。甲乙つけがたい出来栄えだと思うので、脱出ゲームがお好きな皆さんは是非両方ともプレイしてみてください。

▼関連記事
大人気脱出ゲームが進化!あのおじさんにも注目な『DOOORS ZERO』
脱出ゲーム 記事一覧

家族のイタズラに困惑!『Home Sweet Home』

まずは非常に日本的な脱出ゲーム『Home Sweet Home』をご紹介します。
ss001 ss002 ss003
主人公はごく普通の大学生。夏休みのある日、旅行にでかける家族の留守番をするため実家に帰省することになりました。地元に帰るのは2年ぶりという、典型的な親不孝青年です。あるあるですね。主人公が帰省すると家族はどうやらすでに旅行にでかけた模様(留守番の意味は?笑)、とりあえず自分の部屋に荷物を置くか~……と思ったら、ドアのノブがとれてしまいました。

ss004 ss005
部屋の中はこんな感じです。平均的な「6畳の子ども部屋」(進学とともに家族の物置代わりに使われる)といった雰囲気です。

ss006 ss007
主人公の場合は、実家に残っている兄に部屋を使われているようです。

ss008 ss009 ss010
ひとまず部屋中をくまなくタップしてみましょう。色んなところにヒントが隠されています。主人公のコメントが「久しぶりに帰省した大学生あるある」で面白いです。「よくわからないポスター」はちょっとしたお遊びで、Factory.112が過去にリリースした脱出ゲームアプリ『unReal』の宣伝になっています。

そして机の上に置いてあったのは、兄からの置手紙。
「せめてものお詫びとしてドアノブを金庫に隠しておいた」
…ってアンタ! 酷いことする兄ちゃんだな、おい~。とつっこみを入れつつも内心ほっとしています。あまりにも人の気配がないので、しばらく帰省しないうちに実家がお化け屋敷に変わっていた、とかそういうホラーだったらどうしようと疑っていたからです。

ss011 ss012 ss013
『Home Sweet Home』は脱出ゲームとして決して難しくはありません。ステージも3つだけ。しかし、主人公の家族がとてもユニークで、また3Dで描写された部屋の探索が面白く、アプリの動作も非常に軽いので、脱出ゲーム初心者の方に是非プレイしていただきたいアプリだと思いました。

Home Sweet Home

上級者向け?『SECRET CODE』

『Home Sweet Home』とは対照的に、文字による説明がほとんど出てこない(ヘルプのみ、ゲーム中では一切ない)脱出ゲームが『SECRET CODE』です。攻略の鍵がイラストで説明されているため、日本語が読めない海外の方でも楽しめると思います。反面、説明文がないため、難易度はやや高めです。脱出ゲームに不慣れな方には少々難しいかもしれません。
ss001 ss0022 ss003
プレイヤーがすることは「タップする」ことだけです。タップした場所が拡大されます。あちこちに隠されているヒントを見て、脳みそフル回転させましょう。

ss004 ss005 ss006
非常にシンプルな作りです。部屋そのものもとてもスタイリッシュ。モデルルームのようですね。説明文が出てこないところもかっこよくて素敵なのですが、難しい……。脳トレとか頭の体操をしている気分です。脳みそが柔らかい子どもの方が、案外簡単に解いてしまうかもしれません。

ss007 ss008
脱出完了したときにはもうへろへろでした……。私は8182番目の脱出者です。

ゲーム的には『SECRED CODE』の方が圧倒的に難しいでしょう。脱出ゲーム初心者の方には厳しいかもしれません。しかし言葉による説明をなくしたことによって、世界中の人が楽しめるようになっていると思います。我こそは、と自信のある方は挑戦してみてください。

SECRET CODESECRET CODE

▼関連リンク
Factory.112(Home Sweet Home)
Gam.eBB(SECRET CODE)

PageTopへ