アイキャッチ画像

Apple Watch リリースで、アップルの実店舗から活動量計が消える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年3月12日]

4月24日に発売される「Apple Watch」のリリースに先駆けて、アップルの実店舗では活動量計が撤去されていることが Re/code より報道されました。

アップルのオンラインストア(フィットネス&スポーツ)

アップルオンラインストア(フィットネス&スポーツ)

アメリカのニューヨーク、ロサンゼルス、パロアルト、サンフランシスコにある大型アップルストアでは既に、Nike+FuelBand や Jawbone Up などの手首に付ける活動量計が取り扱われなくなったとのこと。Apple Watch は、メッセージや通話のやり取りはもちろん、利用者がよりアクティブな生活がおくれるように、1時間座ったら1分以上は立ち上がることを促したり、歩数計代わりになってくれます。

アップルは過去にも、競合製品の販売を中止したことがあります。アップル傘下 Beats が、Bose のノイズキャンセリング技術の特許を侵害しているとして起こった訴訟や、NFL の公式スポンサー Bose 以外のヘッドホンブランドをゲーム中に使用禁止にしたことなどがあり、Bose 製品が一時的に店舗とオンラインストアから消えていました。

リストバンド型の心拍計 Mio の創業者である Liz Dickinson氏は、自社製品がアップルストアには取り扱われなくなることを数カ月前に知らされ、その理由としては、アップル製品が中心になるためにアクセサリーの数を最小限にする内容だったそうです。ちなみに、日本のアップルオンラインストアではまだ Jawbone、リストバンド型の心拍計の「Mio LINK」などのフィットネスアクセサリーは確認できています。

▽参考リンク:
Re/code
アップルオンラインストア

PageTopへ