Calculator

相次ぐスタートアップで注目の金融×IT業界~FinTech(フィンテック)とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年3月09日]

 FinTechをご存知だろうか。FinTechとは金融(Finance)と技術(Technology)を掛け合わせた造語で、大雑把な意味としては「金融テクノロジー事業」を指すものである。従来、このFinTech領域は、金融機関向けにサービスを提供していた大企業が携わるものであったが、ここ数年ではベンチャー企業などのスタートアップが相次いでおり注目を集めている。コンサルティングファームのアクセンチュアによれば、2018年には60億ドル程度の規模になると予測される右肩上がりの市場でもあるので、これから気にしておくべき用語になるのは間違いないだろう。

金融の本場、アメリカのFinTech

引用:Venture Scanner

 こちらは米国のFinTech界隈の事業を分類したものである。決済サービス、送金サービス、投資情報サービス、消費者金融、パーソナルファイナンス、ソーシャルレンディング、エクイティファイナンス…。有名なのは、Twitter創業者のジャック・ドーシー氏が始めた決済サービスのSquareがある。このサービスは、スマホのイヤホンジャックにカードリーダーを挿すことで、クレジットカードの決済端末を持っていない個人経営店でも、カード決済が行えるようになるというものだ。Gigazineによると、多くの個人事業主や商店などで導入が進められており、7,000店舗におよぶスターバックスの店舗にSquareが導入されたという実績も残されているという。
 米国では、クレジットカードの支払いが一般的に行われていることや、サブプライムローン問題で露呈した金融システムの複雑性にみられるように、一般市民さえもが気軽に金融サービスを享受しているほどで、もちろん、それを提供する金融業界が多大な力を持っていることは言うまでもない。SquareをはじめとしたこのFinTechが米国でいま注目されているのは疑問に値しない当然の成り行きと言えよう。
 しかし、現金による支払いが主流のクレジットカード後進国の日本ではどうなるのだろうか。あるいは「資産」というものに関して地道に貯蓄する以外の方法を取ろうとしない日本人の「お金」に対する認識は、どちらかというと保守的であるといえるのではないか。そうした国において、電子情報の伝達による金融サービスは果たしてどこまで受け入れられるのだろうか。

日本のFinTechはこれから

 先述のこともあってか、FinTechはまだ日本国内では浸透していない言葉である。しかし、徐々にその認知度が高まっている機運はある。
 例えばそれは、先月26日に今年で4度目の開催となったFIBC(Financial Innovation Business Conference)が挙げられる。国内唯一のFinTech領域のカンファレンスで、金融サービス市場にイノベーションを起こすことを目的とし、金融機関をはじめ、ベンチャーキャピタル、企業が参加し、意見交換を行うというものである。
 個人投資家向けメディアLongineは、このFIBCに登壇したベンチャー企業の中でも、起業が活発な領域を分類すると「中小企業向け支援サービス関連」「セキュリティ関連」「クリプトカレンシー関連」「投資ツール関連」の四つであるとしている。

中小企業向け支援サービス関連
 金融機関と提携することでクレジットカードやキャッシュカードの使用履歴を提供する『Moneytree(マネーツリー株式会社)』。他にはマネーフォワード、Zaimなど。

セキュリティ関連
 指紋による決済サービスを提供する『Liquid(株式会社Liquid)』。他にはCapyなど。

クリプトカレンシー関連
 ビットコインによる決済の仕組みを導入できる『coincheck for EC(レジュプレス株式会社)』など。

投資ツール関連
 株当て&トークアプリ『あすかぶ!(Finatext Ltd.)』など。

 またこうしたカンファレンスより一歩進んで、実用的なアイディアを募っているところもある。三菱東京UFJ銀行は『Fintech Challenge 2015』というコンテスト開催し、ベンチャーや個人を対象に新しい金融サービス案を募集している。このコンテストは、現在、参加登録期間(2015年2月27日から3月末まで)のため、興味のある人は応募してみてはいかがだろうか。

▼関連リンク
FIBC
Longine『日本で注目のFinTech(フィンテック)ベンチャー業界マップ2015』
三菱東京UFJ銀行『Fintech Challenge 2015』
Venture Scanner Insights『MAKING SENSE OF THE FINTECH STARTUP ECOSYSTEM』
Gigazine『誰でもクレジット決済が受けられるSquareリーダーにICカード対応版が登場』
アクセンチュア『The Boom in Global Fintech Investment』(PDF)

PageTopへ