アイキャッチ画像

5,000ドル(!)の機種も。2015年11月に発売されるゲームコンソール『Steam Machine』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年3月09日]

Valve は3日、PC ゲームプラットフォーム「Steam」をリビングルームでも利用できるコンソール機とその周辺機器を2015年11月に発売することを発表しました。

steam machine

Valve は2013年に、HDTV に PC ゲーム を繋げる Steam OS に対応した新しいエンターテインメント・システム「Steam Machine」のコンセプトを発表しましたが、専用ワイヤレス・コントローラーなどの開発に遅れが生じたため、当初期待していた2014年のリリースが2015年に延期になりました。Steam のストア内では現在、価格がそれぞれ異なる15台ものOEMが開発したSteam Machineが確認でき、価格は米460ドルから、Falcon Northwest と OriginPC が手掛ける米5,000ドルのコンソール機までが並びます。

Steam Machine の実現に加え、今回の発表では Windows や Mac のパソコンから Steam のゲームコンテンツをテレビにストリーミングするデバイス「Steamリンク」が登場しました。米50ドルで提供される Steamリンクは、自宅のテレビとネットワークに繋げることで、Steam を実行しているパソコンや Steam Machine からコンテンツのストリーミングが行えます。そして、同じく50ドルで販売されるのが、数千ものゲームをコントロールできる「Steamコントローラ」です。

これらデバイスの製品詳細や価格等は全て Steam のストア内で確認できるものの、予約購入はまだ受け付けておりません。製品に関する情報や購入を希望している人は、コミュニティをフォローをしましょう。

▽参考リンク:
Steam Machineストア
Valve
PCWorld

タグ:
PageTopへ