アイキャッチ画像

スマホケースなのに電子書籍が読める、iPhone 6 用 inkCase

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年3月05日]

シンガポールに拠点を置く家電メーカー Oaxis はこの春、iPhone 6 の裏に様々な情報を映してくれる電子ペーパー版スマホケース「inkCase i6」を販売します。スマホの第2の画面となる inkCase は、ホームページでは「背面が新しい正面」(The Back is the New Front)と明言しています。

ケースの厚さはわずか4.2ミリながら、画像だけでなく、天気やメール、「To do」リストや株価などの通知も表示できます。また、Kindle の様に電子書籍も読めます。これらコンテンツは、ケースとスマホを Bluetooth で接続することで iPhone 6 のスリープモードを解除せずに利用できるそうです。

電子ペーパーのメリットは、太陽の下でも画面がハッキリと読めたり、ディスプレイが常にオンでも超低消費電力で済む(ディスプレイの情報を更新しない限り電力を使わない)ことです。ケースには、300mAH のバッテリーが内蔵されており、付属のマイクロ USB ケーブルを使えば inKCase を充電できます。

inKCase i6 の価格やリリース日といった詳細は、まだ公開されていません。

▽関連記事:
Androidスマホに追加できる電子ペーパーディスプレイ『InkCase Plus』

▽参考リンク:
Oaxis

PageTopへ