アイキャッチ画像

Google、12歳以下の子供向けYouTubeアプリを米国で公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年2月24日]

Google は2月23日、子供向けの公式 YouTube アプリ「YouTube Kids」を米国でリリースしました。Google は、同社が提供する一部の製品を始め、12歳以下の子供が安全に利用できる特別バージョンを開発していく計画を USA TODAY に明かしていました。YouTube Kids は、この計画から初めて生まれたアプリとなり、Android と iOS に対応しています。

同アプリは、子供たちが安全で簡単に動画の検索が出来るように設計されており、アプリのデザインには小さな指が簡単に画面をタップできるように、大きくて鮮やかな画像やアイコンが使用されています。音声入力にも対応しているため、タッチ入力が不安な年齢のお子さんでも問題なく動画の検索ができます。

コンテンツは、子供の年齢を考慮した家族全員が楽しめるサービスとなっています。園児と一緒にアルファベットや歌の練習ができる Mother Goose Club から、恐竜や科学のことについて学べる National Geographic KidsReading Rainbow といった専門の YouTube チャンネルなども視聴できます。チャンネルやプレイリストは分かりやすく、Show(番組)、Music(音楽)、Learning(学習)、Explore(探検)の4つのカテゴリーに絞り込みされています。

また、親御さんには嬉しい、アプリに利用制限をかける機能「ペアレンタルコントロール」が常備されています。動画の見過ぎを防止するためにタイマーが内蔵されており、効果音や音楽を切るオプション、検索の制限をかけることもできます。YouTube Kids は今後も使いやすいアプリにするため、アプリのフィードバックができる機能も付いています。

▽参考リンク:
YouTube
USA TODAY

PageTopへ