icon_王国の道具屋さん

3DS版『王国の道具屋さん』体験版配信!ニンテンドーeショップで「PUMO特集」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年2月18日]

pumo_logo

このロゴが目印だ!

スマホアプリを次々とニンテンドー3DS向けに配信している、今話題の株式会社PUMO(プーモ)。なんと、2015年2月18日からニンテンドー3DSの「ニンテンドーe ショップ」で「PUMO特集」が組まれています

この「PUMO特集」では、PUMOがこれまで配信してきた「ぐんまのやぼう for ニンテンドー3DS」「王国の道具屋さん」「DOOORS」「新宿ダンジョン」のダウンロードソフト4作が1ヵ所にまとまり、見つけやすくなっています。さらになんと、「王国の道具屋さん」の体験版が配信されることも決定しました!

▼関連記事
スマホのヒットアプリをニンテンドー3DSでリリースするとどうなる? PUMOインタビュー
金貨ザクザク!『$1,000,000,000,000.00』(1兆ドル)って一体何円?
課金無しでもハーレム『絶対防衛レヴィアタン de R-』

「王国の道具屋さん」体験版が配信決定!

メインビジュアル_王国の道具屋さん
今回の「PUMO特集」の目玉はなんといっても、2014年10月22日の配信開始以来高い評価を得ているという「王国の道具屋さん」の体験版の配信が決定したことです。

3DS版の「王国の道具屋さん」とは

3DS版の「王国の道具屋さん」は、RPG風の世界で道具屋を開き、その店を王国一にするためどんどん大きくしていく…という、ASOBOX(元Come-Come Cat)のお手軽放置型シミュレーションアプリ「王国の道具屋さん」を元に作られた、3DS版用ゲームのことです。価格は税込みで800円となっています。

▼アプリ「王国の道具屋さん」の関連記事はこちら
“妻の本音”を夫へ…お前の作りたいゲームは俺が作る!『王国の道具屋さん』Come-Come Cat

icon_王国の道具屋さんこちらのゲーム、単なるアプリの移植ではありません!
アプリでの手軽さや気軽さは継承しつつ、オリジナル要素がたくさん詰め込まれているので、アプリでプレイ済みの方も大満足の内容となっています。さらに、グラフィックやサウンドが一新されているなど細かい部分にもこだわった、原作とは一味もふた味も違うゲームに仕上がっています。

これまで、気にはなっていたけど…という方、この機会にぜひ体験版で遊んでみてくださいね!

気になる「PUMO特集」の中身

今回発表された「PUMO特集」では、これまでPUMOが3DS用に発表したゲームの「王国の道具屋さん」を含めた計4ソフトと関連動画が1ヵ所にまとめられ、見やすくなっています。

ぐんまのやぼう for ニンテンドー3DS

メインビジュアル_ぐんまのやぼう
「ぐんまのやぼう for ニンテンドー3DS」は、PUMOがスマホアプリを3DS版向けに配信した記念すべき第1作目。税込み価格500円で、2014年の6月25日から配信が開始されました。発表された当初、スマホアプリが3DSになるなんて…!と衝撃が走りましたよね。

▼アプリ「ぐんまのやぼう」の関連記事はこちら
『ぐんまのやぼう』でお馴染!RucKyGAMESさんが法人化に至るまでを聞いてみた

ゲーム内容は、群馬県の特産品であるきゃべつやこんにゃくを収穫し、日本全国を群馬県として制圧していく…というRUCKYGAMESのアプリ「ぐんまのやぼう」を元にして作られています。群馬県愛は、スマホだけでなく3DSをも侵食したんですね。

icon_ぐんまのやぼうニンテンドーe-ショップでダウンロードすると、群馬県のアイコンが登場します。アプリと基本的には同内容ですが、特産品の種類やガチャで出てくるカードの種類などが増え、ボリュームはアプリよりも数倍アップしています。また、3DSの2画面表示を最大限に活用している他ゆるめなグラフィックでも3Dに完全対応させるなど、細かく作られています。

DOOORS

メインビジュアル_DOOORS
3DS版「DOOORS」は、税込価格500円で、2014年12月3日に配信が開始されました。原作は、58worksの大人気脱出ゲームアプリ「DOOORS」です。

▼アプリ「DOOORS」シリーズの関連記事はこちら
大人気脱出ゲームが進化!あのおじさんにも注目な『DOOORS ZERO』
(T_T)誰か僕にヒントを下さい…超人気脱出ゲーム最新作『DOOORS 4』
国境を越えて愛される脱出ゲーム『DOOORS』ヒットの裏には盗作事件が…!(涙)

(※ゲーム紹介は動画前半のみで、後半は、ゲーム内容のヒント映像となっているのでご注意ください)

icon_DOOORSアイコンはこちら。内容は、アプリ「DOOORS」のスタイリッシュな世界観はそのままに、3DS用に最適化された脱出ゲームとなっています。ゲーム機本体を傾けるのはもちろんのこと、スライドパットを駆使するなど、スマホとは違った脱出方法があるのも魅力的です。「DOOORS」シリーズ愛好家も、初見の方も楽しめるゲームとなっています。

新宿ダンジョン

メインビジュアル_新宿ダンジョン

3DS版の「新宿ダンジョン」は、税込み価格600円で2015年の1月7日に配信が開始されました。原作は、UeHaraLaboが制作を担当した脱出ゲームアプリ「新宿ダンジョン」です。

▼アプリ「新宿ダンジョン」の関連記事はこちら
脱出不可能!?方向音痴が『新宿ダンジョン』に挑んでみた
駅の工事に合わせ続くアップデート…『新宿ダンジョン』開発者・上原氏インタビュー

3DS版「新宿ダンジョン」は、以前編集部でもレビューした今話題の作品です。内容は、実際の新宿駅の地下を舞台にした脱出ゲーム。出入り口や隠しアイテムを見つけながら、迷路のような新宿駅のコンプリートを目指します。

icon_新宿ダンジョンアイコンはこちら。アプリの内容はこちらも踏襲していますが、3DS版では道中でモンスターが登場し戦うなど新しい要素も加わり、より冒険度合いが増した内容となっています。アプリで新宿ダンジョンを遊んだ方も、そうでない方にもおすすめです!

どれも気になるソフトばかりですね!興味を持った方は、ぜひニンテンドー3DSの「ニンテンドーe ショップ」からダウンロードしてみてくださいね。

ニンテンドーeショップ
PUMO

PageTopへ