アイキャッチ画像

自分が死んだあと、Facebook の管理を任せられる人はいますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年2月13日]

追悼ページ

たくさんの繋がりや思い出を残すことができる Facebook。大切な家族やお友達が亡くなった場合は、その方の思い出をタイムライン上にシェアできる「追悼アカウント」に変更することができます。その機能に加え Facebook は今回、亡くなった後に友達や家族にアカウントを管理してもらえる「legacy contact」を公開しました。

Legacy contact として指定された管理者は、追悼アカウントのタイムライン上に投稿できます。さらには、友達リクエストに応じたり、プロフィール写真やカバー写真を更新することができます。また、基本データに含まれた情報、過去の投稿内容や写真や動画などのデータを管理者に許可することだってできます。しかし、亡くなった本人としてアカウントにログインすることや、プライベートメッセージを読むことはできません

Legacy contact は、設定 > セキュリティ > Legacy Contact で設定できるそうです。本稿執筆時点では、筆者のアカウントで、legacy contact の確認はできませんでした。

▽参考リンク:
Facebook
追悼アカウントの仕組み

タグ:
PageTopへ