nintendo_creators_program

クリエイターの本音は?任天堂のYouTube広告収益プログラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年1月30日]

nintendo_creators_program
任天堂は29日、YouTubeの広告収益を動画製作者とシェアするベータ版の「Nintendo Creators Program」を開始しました。ゲーム実況などで任天堂の映像や音源を使用する場合は著作権の対象にあたるため、同社は2013年から YouTube の Content ID の仕組みで該当する動画の広告収益を全て回収していました。

動画製作者は今後、1本ごとの動画登録で広告収益の60%が、チャンネル登録で70%がシェアされます。チャンネルを登録する場合は、チャンネル内の全ての動画が内容にかかわらず任天堂とシェアされるので、任天堂と関連しない動画をアップしているYouTuber は動画単位での登録が勧められています。注意するべき点は、これら収益の比率は”適宜見直される”ということ。

任天堂のベータ版プログラムが実施されると、YouTube で任天堂をとり上げる機会が減るのではないかと、ゲーム ジャーナリストの Jeff Gerstmann がTwitter で述べています。

また、ゲーム実況で138万人の登録者がいるYouTuber、Zack Scott は、多くのゲーム会社やデベロッパーはゲームタイトルの認知度が上がることでゲームプレイ動画の配信に同意していると Facebook でコメント。Electronic Arts に関しては YouTube のトップゲームプレイヤーにゲーム実況した場合は報酬が与えられるとのこと。ゲーム開発者と動画製作者は相互に有益な関係があると思っており、動画製作の広告収益を一部シェアするモデルが任天堂に導入されることで、他のゲーム開発者が後に続くのではと不安を表明しています。

▽参考リンク:
Nintendo Creators Program

コメントは受け付けていません。

PageTopへ