アイキャッチ画像

「YouTubeチャンネルはじめました」ド素人によるゲーム実況動画制作レポ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年1月27日]

 Oculus RiftやLeap Motionといったデバイスの登場で、より直観的で没入感のある新しいゲーム体験が可能になっています。しかし体感的であるからこそ、すごさ・楽しさを文字にして伝えるのが難しい! そこで完全な動画素人である筆者が、Oculus RiftやLeap Motionのゲーム実況動画制作にチャレンジすることにしました。「素人」という表現は、それなりの実績のある人が謙遜して使うこともありますが、筆者の場合はガチの素人です。
 出演者として、地元横浜を愛する大学生ライターKISHIと、ハリウッドホラーばりの悲鳴に定評のある乙女ライター及川みのりが協力してくれました。

ゼロから始まる動画制作~機材編~

camera
 動画撮影にあたって、これまであまり使うことのなかった三脚と、静止画の撮影にしか使ってこなかった一眼レフに活躍してもらうことに。筆者は静止画の撮影も大して上手くないので、とにかく撮りまくってピンボケ等の撮影失敗を回避してきましたが、動画は撮影失敗すると撮り直しになってしまうので緊張感があります。

 左の写真は「LUMIX GX1」。「EOS Kiss X6i」も使っています。しかしまだまるで使いこなせておらず、書けることがほとんどありません。(オーバースペック)

white
 途中からは自立型のプロジェクタースクリーンを白背景作りに使用するようになりました。会議室から持ってきた、会社の備品です。

 これまでは上の動画のように、雑然とした背景が映ってしまっていたのですが…

 白背景で撮影するようになったことで、白い部分を抜き取って合成した上のような動画が作れるようになりました。

 スウェーデン人YouTuberのPewDiePie氏のスタジオは壁が緑色ですが、白背景より緑や青の背景の方が仕上がりのきれいな合成ができるようです。

 UUUM所属YouTuberの瀬戸弘司氏も、グリーンバック撮影風景動画を公開しています。一般視聴者にとっては謎だった映像制作の舞台裏を、こうして見せてもらえるのは非常にありがたいです。

 また、「Elevator Horror」の実況動画では、蛍光灯による画面のチラつきが出てしまっています。カメラ側の設定でシャッタースピードを変更することで、チラつきを無くすことができました。世に出回っている動画は「問題解決後の完成品」であることが大半なため、自分で撮影する経験が無いと落とし穴の存在に気づくことすらないのだなと実感します。ガラケーやスマホについているカメラがいかに簡単か、一眼レフを触って初めて知ったことを思い出します。

ゼロから始まる動画制作~ソフト編~

Bandicam
 ゲーム画面のキャプチャには、ビデオキャプチャーソフト「Bandicam」の製品版(4,320円)を使用しています。無料版だと動画ファイルに「Bandicam」というロゴが入り、連続録画10分までという制限がかかります。

Premiere
 動画の編集には、Adobe Premiere Elements 13を使用しています。
 静止画の編集では「トリミング」と表現するところが、動画編集だと「クロップ」という表現になるようで、問題を解決したいのに検索ワードがわからないから適切にググれないというかなり残念な状態に陥りました。

 上が「クロップ」が出来なかった頃に作った動画です。YouTube動画の下部には字幕や広告バナーが出るため、見やすいとはとても言えない配置です。

 上のホラーゲーム実況では、YouTube動画エディタを使ってみました。Oculus Riftでプレイしていると暗闇に目が慣れるので暗さに違和感がありませんが、YouTubeで見ると何が起きているのかわからなかったので全体を明るくしました。アップロードした後で編集できるのはありがたいですし、カットや結合、BGMの追加といった様々なことも可能なので、動画制作のハードルが下がっていることを感じます。今後は撮影から編集までスマホで完結した高クオリティ動画も出てくるのでしょうか。

 Oculus RiftやLeap Motionを使った実況動画は英語圏で盛んなため、帰国子女ライターshimmyの協力で英語字幕を作成しています。YouTubeには字幕機能と字幕翻訳機能があるので、shimmyの入力した英語字幕はさらに58言語に自動翻訳されます。

 動画制作に詳しい人間が一人も居ない状態で始まったYouTubeチャンネル運営。チャンネル登録者数も最近0人から10人になったところです。試行錯誤がダダ漏れな状態がしばらくは続くかと思いますが、あたたかく見守って頂けると幸いです。
https://www.youtube.com/user/appreviewjp

コメントは受け付けていません。

タグ:
PageTopへ