スマートフォンがコントローラーになったことにより手元を気にする必要がない。
ついつい夢中になって前のめりになってしまう。

Oculus Rift対応RPG『白猫VRプロジェクト』をプレイしてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年1月09日]


2015年1月9日、あの大人気スマートフォンRPG・白猫プロジェクトがOculus Rift対応の『白猫VRプロジェクト』として完全リメイク&リリースされました。早速編集部のPCにインストールして遊んでみました。

▼関連記事
ハイエンド過ぎてアツいRPGアプリ『白猫プロジェクト』
Oculus Rift記事一覧

『白猫VRプロジェクト』プレイ動画

今回はXperiaに専用アプリ『colopad』をDLしてプレイしました。『colopad』はWi-Fiを利用してスマートフォンをコントローラーにします。元々『白猫プロジェクト』は「ぷにコン」というスマートフォンに特化したインタフェースが搭載されています。『colopad』はOculus Rift用のぷにコンといった位置づけで、アプリ版とそん色のない操作感が得られます。※現在はAndroid版のみですが、近日中にiOS版もリリース予定です。
colopad


Oculus Riftを装着するとヴァーチャル画面しか見えなくなってしまうのですが、スマートフォンがコントローラーになったことにより手元を気にする必要がありません。操作面でストレスを感じないのでついつい夢中になって前のめりになってしまいます。

002 003
「ぷにコン」と同様に親指で操作するもよし、両手で持って連打しまくるも良し。

004
敵が後ろから迫ってきました。完全に仰け反っていますが倒さなければ意味がありません。

3D酔いしやすいのが問題か

アプリ版と同じかそれ以上に操作性が良く、敵を倒すアクションも楽しい『白猫VRプロジェクト』。100点満点のゲームかというとそうではありません。最大の問題は(体質や体調にもよりますが)3D酔いしてしまうことです。初見で1プレイあたり3分程度なのですが、ボスを倒すころには目が回ってしまいました。

私は既に何度もOculus Riftを利用しているのである程度は耐えられますが、初めての方だと起動画面からステージへのズームアップで気分が悪くなってしまうかもしれません。コントローラーでキャラクターの動きを制御できるとはいえ、自分が動かず視界のみ動くというのはなかなか慣れるものではありません。

また3D酔いを軽減するためでしょうか、せっかくのOculus Rift対応ソフトなのに視点はキャラクターの後ろに固定されています。首をめぐらせると360度の視界は確保できますが、それがロールプレイに反映されるわけではありません。開発者向けではない一般向けのOculus Riftがリリースされるまでに3D酔い問題がどこまで解決されるかが気になりますね。

▼関連リンク
Shironeko VR Project / 白猫VRプロジェクト
白猫プロジェクト
株式会社コロプラ

コメントは受け付けていません。

PageTopへ