ss001

2014年冬コミ(C87)で買ったUnityとOculus Riftの同人誌まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年1月08日]

東京国際展示場。3日間で50万人以上もの人々が訪れる。 とんでもない行列のイメージがあるが、開会後に行けば特に並ばずに入場できる。

東京国際展示場(ビッグサイト)。3日間で50万人以上もの人々が訪れる。
とんでもない行列のイメージがあるが、企業ブースを狙わず開会後に行けば並ぶことなく入場できる。

2014年12月28日(日)~12月30日(火)の3日間、ビッグサイト(東京国際展示場)にてコミックマーケット87が開催されました。本記事では3日目(12月30日)西館でゲットしたUnity/Oculus Rift/個人開発アプリ関連の同人誌・同人グッズをご紹介します。

▼関連記事
Unity記事一覧
Oculus Rift記事一覧

UNIBOOK2

ss001
まずご紹介するのは『UNIBOOK2』(500円)。頒布形式はチケット(先着100名にはCD付き)で指定されたページでバウチャーコードを入力すると電子書籍(PDF/ePub)がDLできる仕組みとなっています。冊子に換算すると501ページ分なので技術書としては大変お買い得です。

こちらは執筆者に頒布された製本版『UNIBOOK2』だそうです(公式サイトより)。とても分厚いです。薄い本(※同人誌の隠語)とは思えない厚みですね。

ss002
中身はこのような感じになっています。「宴」の紹介もありますね。任意のページだけを印刷することもできますし、キンコーズなどを利用して製本することも可能です。総勢20名の執筆者によって様々な観点からの解説や紹介が書かれているので、既にUnityを利用している開発者の方にもこれから勉強したい方にもオススメの一冊といえるでしょう。

Oculus Riftの薄い本

ss003
続いてご紹介するのはyama(やま)氏が編集者を務めた『Oculus Riftの薄い本』(500円)。薄い本というタイトルですが頒布形式はDVD-Rで、PDFファイルが2つ入っています。(※DVD表面の文字は私が個人的に書いたもので、実際の頒布物は真っ白です)Oculus Riftに関するTipsがたっぷりつまっています。MMDモデルの流用やアダルトコンテンツについても書かれているので、開発者以外の方でも楽しく読めると思います。

ss004
本編『Oculus Riftの薄い本』(94ページ)

ss005
おまけマンガ『Oculuschan会議』(10ページ)

同人ゲーム系

APPREVIEWで過去に取り上げた個人デベロッパーのブースにもお邪魔してきました。


『BluePrints〜ミライへのミチしるべ〜』(infinity-S)のブランケット
▼関連記事
【18禁版有】これが無料!?『BluePrints~ミライへのミチしるべ~』が超大作すぎてヤバい
『BluePrints~ミライへのミチしるべ~』開発者いんふぃ氏が語る完全無料アプリの展望

ss006
超水道のアプリ4種(『森川空のルール・再』『ボツネタ通りのキミとボク』『佐倉ユウナの上京・春/夏』)が収録されたCD『tank』(※iPhoneが写り込んでしまっていますが本来は銀色です)
▼関連記事 『超水道』記事一覧


「ファタモルガーナの館」設定資料集『THE BOOK -呪われた館への道標-』(Novectacle)
▼関連記事 待望のiPhone版!同人ゲーム『ファタモルガーナの館』

滞在時間は2時間弱でしたがとても濃い時間が過ごせました。今夏開催予定のC88ではますますUnityやOculus Rift関連の同人誌やゲーム、動画などが増えるのではないでしょうか。楽しみですね!

▼関連リンク
コミックマーケット公式サイト
日本Androidの会 Unity部
C87でUNIBOOK2を頒布します&UNIBOOK2フリー版公開!
syyama.net
yama(やま)(Twitter)
C87で頒布する「Oculus Riftの薄い本」の内容について #OcuBen(Togetter)
infinity-S
超水道 公式WebSite
Novectacle

コメントは受け付けていません。

PageTopへ