「冬の山っていうのは本当にこんなに恐ろしいところだと。テレビとかうわさでは本当によく見てるんですけど、やっと恐ろしさがわかりました」(救助された男性)

「冬の山は本当に恐ろしいところ」ネットでも申請できる登山届を活用しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年1月07日]

「冬の山っていうのは本当にこんなに恐ろしいところだと。テレビとかうわさでは本当によく見てるんですけど、やっと恐ろしさがわかりました」と救助された男性は涙ながらに話した。

「冬の山っていうのは本当にこんなに恐ろしいところだと。テレビとかうわさでは本当によく見てるんですけど、やっと恐ろしさがわかりました」と救助された男性は涙ながらに語った。

 スノーボードのために新潟県湯沢町の神楽ケ峰に登り、行方不明となっていた東京都の男女3人が、1月4日に救助されました。

 3人は山頂近くまで「かぐらスキー場」のリフトで登ったあと、踏みならされていない雪の上で滑るため、コースを外れた場所まで進み、遭難してしまいました。

 スキー場のゲレンデから出た自然の山でスキーやスノーボードをすることを「バックカントリー」といい、近年スノースポーツを愛好する人々の間で人気が高まっているようです。

 「かぐらスキー場」ではゲレンデからエリアに向かう出口に従業員を配置し、「バックカントリー」へ向かう人たちに登山届けの提出を求めていました。

 しかし、遭難した男性は救助後の記者会見で、「(登山届を)出していないと言えば、当然(山に)入れないので『出しました』と(嘘を)言いました」と話しました。

冬山に入るときは登山届を

 登山届(登山計画書)とは、万が一遭難した際の捜索を考え、登山日程・登山者情報・装備と食糧の内容などを記入して提出する届け出です。

 近年の遭難事故や噴火の発生を受け、谷川岳・剣岳・北アルプス地区などでは、登山届の提出が条例によって義務付けられています。

 任意提出となっているその他の山でも、「入山前に必ず登山届を提出してください」と呼びかける管轄警察署が大半です。

 日本テレビの報道によると、「かぐらスキー場」も今後、従業員が登山届の確認を徹底するとともに、装備が不十分な場合はバックカントリーに入らないよう指導するとしています。

電子申請/メールフォーム

 登山届の提出場所は、登山ポスト、山域を所管する警察署への訪問・郵送・FAXのほか、インターネット電子申請やメールフォームの入力が可能な場合もあります。

○北海道
登山計画書(メール用)
○山形県
登山届は、あなたの命綱~ — 山形県ホームページ
○群馬県
登山情報—群馬県警察
○埼玉県
(電子申請)登山計画書の届出 – 埼玉県警察(電子申請)登山計画書の届出 – 埼玉県警察
○長野県
ながの電子申請-簡易申請-申し込み内容入力
○山梨県
山梨県/登山計画書
○富山県
検索結果一覧/eとやま.net
○石川県
登山計画書に関すること – 石川県警察本部
○福井県
登山届-福井県警察
○静岡県
登山計画書について/静岡県警察
○鳥取県
インターネットで登山届/警察本部/とりネット/鳥取県公式サイト
○岐阜県
岐阜県 : 登山計画書届け出
オンライン登山届/登山届のダウンロード
○高知県
登山計画書の提出について | 高知県警察ホームページ「こうちのまもり」
○鹿児島
鹿児島県警察/屋久島山岳情報及び登山届について

 登山者やゲレンデを越えて雪山へ行く人は、チェックしてみてください。

【参考リンク】
登山計画書・登山届の提出先:JMA 公益社団法人 日本山岳協会
救助の男性、涙流し語る…雪山の恐怖 新潟 | 日テレNEWS24

コメントは受け付けていません。

PageTopへ