アイキャッチ画像

【出会えた】窃盗犯の特定に一役買った出会い系アプリ『Tinder』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年12月25日]

パソコンやタブレットなどを盗む常習犯を捜し出すために、米サンフランシスコ内のBuildZoom社が出会い系アプリ『Tinder』を使って犯人の身元を特定したようです。ん? 出会い系アプリで窃盗犯を捕まえるって? 被害を受けたBuildZoom社によると、サンフランシスコ市民に最も簡単に顔写真を広めるためにTinder が効率良かったとしています。

▽関連記事:
見た目と居場所がすべての出会い系『Tinder』

BuildZoom社 が更新したブログによると、社内のパソコンや機材が7月に盗まれ、警察に届けを出したがそれらしき人は捕まりませんでした。防犯カメラを設置したところ、オフィスに1人の女性が忍び込む様子が映っていたそうです。女性は、数週間で3万ドル(約360万円)相当のMac Book Proやタブレットを盗んだとされます。

そして12月14日、BuildZoom社が、防犯カメラで写された女性の写真に「私はSF内のオフィスで盗みをします。私を特定したら5,000ドルの懸賞金を与えます」というメッセージを添えてTinderにプロフィールをアップ。

米NBCがBuildZoomの共同設立者の1人にインタビューしたところ、Tinderにプロフィールを投稿してから2日以内で女性の名前と写真がメールで送られてきたそうです。女性が逮捕された場合、情報提供者には報酬が支払われる模様です。また、Tinderは今回の事例について「プラットフォームの創造的な使用ですね。Tinder がさまざまな理由で人を繋げて手助けをしていることを聞いて満足している」とNBCに答えていました。

▽参考リンク:
BuildZoom Blog
NBC

コメントは受け付けていません。

PageTopへ