miselu_7700

触ればきっと欲しくなる!miseluのiOSデバイス向け24鍵ワイヤレスキーボード『C.24』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年12月17日]

 ソフトバンク コマース&サービスは、Miselu(ミセル)製のワイヤレスキーボード『C.24』の独占先行販売を開始した。
 C.24は、Miseluによると、世界で初めてMIDI over Bluetooth LE※に対応するワイヤレス音楽キーボードとのこと。※LE(Low Energy)=低消費電力。
 これまでDTM系のアプリやニュースをたくさん紹介してきたAPPREVIEWとしては見逃せないデバイスだ。先日行なわれた発表会にもおじゃましてきたので、その模様と合わせてC.24をご紹介しよう!

miselu_7821

左:ソフトバンク コマース&サービス株式会社 執行役員 SBS事業本部長 松田広史氏
右:Miselu Inc. CEO 吉川欣也氏

テクノロジー満載のキーボード

 C.24は、MIDI over Bluetooth LEでiPhoneやiPad、iPad miniと接続できるワイヤレス音楽キーボードで、App Storeにある400とも500とも言われるDTMアプリと組み合わせて音楽制作や演奏を楽しめる。

miselu_7700

発表会場で展示されていた『C.24』。iPad上には、iOSデバイスとの接続や対応アプリケーションの管理を行なう専用アプリ『Miselu KEY』(無料)が起動している

 クラシカルなピアノ鍵盤の雰囲気を残しつつもテクノロジー満載のキーボードとなっており、一般的にはスプリングを使用した鍵盤が多い中、C.24のミニ鍵盤(2オクターブ/24鍵)は独自開発。最大の特徴は、磁石の反発力を利用したタッチ感と、各鍵の下に搭載したオプティカルセンサーだ。オプティカルセンサーでは鍵盤の上下に伴う光の量を検出し、ノートのオン/オフの他、鍵盤がどのくらいの勢いでどのくらい近づいたかを見ているため、ベロシティ(打鍵の強弱)にも対応している。側面にあるLEDセンサーでは音域の変更もできる。

miselu_7752

この構造を採用したことにより、軽量でスリムなキーボードを実現している。

 キーボードとして使う際はピアノの譜面台のようにiPadをセットすることができ、またキーボードを畳んだ状態ではiPadの2nd、3rd、4thであればケースとして使用することも可能。バッテリーは充電式リチウムイオンバッテリーを搭載。吉川氏によれば1日1~2時間の使用であれば1週間ほど持ちそうとのことだ。

デモンストレーションに『あたりまえ体操』の樋口太陽氏が登場!

miselu_7769

簡単に持ち運べるC.24で、草原や砂浜の他、音響的には鍾乳洞で演奏してみたいと語る樋口氏

 製品紹介のあとにデモンストレーターとして登場したのは『あたりまえ体操』でおなじみのサウンドクリエイター、樋口太陽氏。
 樋口氏は、高品位モバイル音源アプリ『KORG Module』と『C.24』を使って、あたりまえ体操を披露。さらにこの日のためにあたりまえ体操をモバイル音楽制作アプリ『KORG Gadget』を使ってダンスアレンジした「あたりまえmiselu」を仕上げてきたという。
 ノリノリのあたりまえmiseluが始まると、樋口氏は4台あるC.24のうち2台を松田氏と吉川氏の元へ。両氏は合いの手のようなかたちでセッションに参加。軽量でワイヤレスなC.24ならではの楽しみ方を体現してみせた。

miselu_7808

ここで音源をお聞かせできないのが残念なほどのカッコよさ! あたりまえ体操のダンスアレンジはぜひリリースしてほしい!

 C.24は、本当にスリムで軽いので、お世辞抜きにどこへでも持ち運ぶことができる。またミニマルな外観は、カフェなどで音楽制作する際も違和感が無さそうだ。
 24,800円という価格は、鍵盤の仕組みを考えれば妥当といえ、何より手にしてみると欲しくなること請け合い。今なら、先行販売特典(2015年1月末まで)として『C.24』を購入するともれなく3,000円分のiTunesカードをプレゼントされる。セール中のKORG Moduleなどと組み合わせて、モバイルでの音楽制作を始めてみてはいかがだろうか?

MISELU(SoftBank SELECTIONオンラインショップ特集ページ)
Miselu | Create Music Anywhere
樋口太陽氏が代表を務めるミュージックプロダクション「オフィス樋口」

コメントは受け付けていません。

PageTopへ