google+

Google+、性別を自由にカスタムできるオプションを追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年12月12日]

Googleのソーシャルネットワーク「Google+」は10日、基本情報の性別欄を自由にカスタムできるオプションを公開しました。同サービスの性別欄はいままで「男性」「女性」「他」から成り立っていましたが、自身のアイデンティティを広範囲に表現するために「カスタム」で性別を記入するオプション、並びに「回答しない」オプションが追加されました。

「カスタム」が選択された場合、代名詞の設定も行えます。また、Google+ではこれまで通り、性別の公開範囲をプライベート、サークル内、一般公開などに設定が可能です。

このように多種多様な性別オプションを提供するサービスは、Facebookも2014年2月から51種類の性別を追加したことで話題になりました。ユーザーをあるカテゴリーに分類するのではなく、自身を自分の言葉で表現させるGoogle+に自由を感じる人も多いのではないでしょうか。

▼関連記事:
多様性バンザイ!Facebook、「男女」以外の性別選択可へ

▼参考リンク:
Rachael Bennett氏のGoogle+

コメントは受け付けていません。

タグ:
PageTopへ