アイキャッチ画像

LINEのスクショ晒し対策に有効な「隠しチャット機能」が、海外版LINE限定でリリースされていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年12月09日]

 日本で圧倒的なシェアを誇るLINEですが、実は2014年7月22日、日本と中国を除いた地域で「隠しチャット機能」がリリースされていたんです。

 「隠しチャット機能」を使ってメッセージや画像を送信すると、受信者が閲覧してから2秒~1週間で消滅します。ログを残したくない、スクリーンショットを撮られたくない、などの不安に応えられる機能です。

 「隠しチャット機能」は、1対1のチャット限定の機能です。グループでは使えません。受信側が閲覧できる時間は2秒、5秒、10秒、1分、1時間、1日、1週間から選べます。指定期間が過ぎると、LINEのサーバーから削除されます。隠し機能で送れるのはテキストメッセージ、スタンプ、画像など。動画や音声は送ることができません。

 最近ではWhatsAppのAndroid版がデフォルトで暗号化されたり、カカオトークにSecret Chat機能が搭載されて暗号化チャットが可能になったりと、メッセンジャーアプリ業界ではセキュリティの強化が進んでいます。日本での実装については今のところ不明です。日本がセキュリティ後進国にならなければ良いのですが…。

高セキュリティ メッセンジャー『Telegram』(テレグラム)使い方ガイド
New “Hidden Chat” Feature Released, Enables Sending of Time-Limited Messages
メッセージングアプリ「WhatsApp」、エンドツーエンド暗号化に対応–「Android」版で
South Korea’s KakaoTalk Adds ‘Secret Mode’
LINE

コメントは受け付けていません。

PageTopへ