アイキャッチ画像

自分のお店を「ぐるなび」に載せるには?無料で出来るO2O集客まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年12月01日]

 飲食店探しのツールを「お客様」として使うときはわかりやすくても、「飲食店」として使うときは入口が違ってわかりにくいものです。そこで今回の記事では、ウェブからリアルに集客できるO2Oサービスを完全無料で使う場合、どこまでできるか調べてみました。

「ぐるなび」に無料で載るには


 ぐるなびには「エントリー会員プラン」という無料プランがあり、ぐるなびで検索可能な店舗ページを作って、お店の住所・電話番号・写真・地図・PR文を掲載できます。
 他にも年額12万6,000円(税込)の「ビギナー会員プラン」や、金額不明の「販促正会員プラン」があります。「販促正会員プラン」になると専属の経営アドバイザーがつきます。有料プランについての詳しい情報は、資料請求しないと手に入らない仕組みです。

「エントリー会員プラン」登録申請ページ
各種プラン紹介ページ

「食べログ」に無料で載るには


 「食べログ」の掲載は基本的に無料です。ぐるなびと月間ユニークユーザー数を比較すると、ぐるなびは4,200万人/月(2013年12月)、食べログは5,660万人/月(2014年6月)。食べログの方が半年分情報が新しいため単純比較は出来ませんが、どちらもお客様がお店選びをする際に大きな影響力を持っているようです。
 月額2万5,000円の有料プランに登録すると、自分のお店を検索結果画面で上位表示したり、店舗ページの見た目を豪華にするなどして、お客様によりアピールすることができます。有料プランの詳しい内容が、公式サイトで明瞭に説明されており、情報公開が積極的に行われている点には好感が持てます。ただしお店のサポートが目的のぐるなびと違って、食べログはユーザーレビューが中心のお客様のためのグルメコミュニティなので、悪評に気をつけなければなりません。

食べログ店舗会員のご案内 [食べログ]
食べログ > 食べログ ユーザーヘルプ > 店舗・店舗情報の登録について

Google検索の結果画面に無料で載るには


 「Google マイ ビジネス」の利用は完全無料です。ここでお店を登録しておけば、パソコンやスマートフォンなどからGoogleでお店の名前を検索したとき、お店の情報を見やすくまとめたカードが検索結果画面に表示されるようになります。
 また、「Googleインドアビュー」を導入すれば、お店の内装を360度カメラで撮影したものをお客様に見ていただくことができます。こちらはGoogleへの掲載は無料ですが、360度撮影には特殊な機材が必要なため、機材を持った撮影会社に依頼する必要があります(およそ数万円)。
Google マイ ビジネス
Google インドアビュー

LINE公式アカウントに無料で載るには


 2014年5月16日に無料プランの開始が発表されたばかりなのが、LINEの提供するビジネス向けサービス『LINE@』です。無料プランでもクーポンの発行やアクセス解析のついた、高機能なお店ページを開設できます。お店ページはLINEアプリ>その他タブ>公式アカウントから検索可能です。有料プランに加入すると、お店ページが1万人以上のユーザーとLINE友だちになることが可能になり、お店からユーザーに送れるプッシュ通知の回数も金額に応じて増えます。

LINE@ | LINEで集客してリピーターを獲得!店舗のホームページ作成が無料

無料化・明瞭化が進むネット集客ツール

 テレビ番組・フリーマガジン・ウェブサイトなど集客の手法は様々ですが、集客のために結局いくら払えばいいのかわからない「料金体系の不明瞭さ」が不安材料となって、なかなか施策に踏み切れなかった方もいるのではないでしょうか。
 その点、食べログやLINE@は明瞭に料金体系を掲載していますし、無料プランでも十分に集客ツールとして活用できます。より安価に、よりわかりやすく、より効果的に進歩しているネット集客ツールをぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。

タグ:
PageTopへ