アイキャッチ画像

リクルートの無料POSレジアプリ『Airレジ』が1周年で10万アカウントを突破

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年11月28日]

 2014年11月27日、東京・六本木の六本木アークヒルズカフェにて、リクルートライフスタイルの無料POSレジアプリ『Airレジ』の一周年記念イベント『Air レジ カンファレンス』が開催されました。『Airレジ』のこれまでの歩みについてや、関連する新サービス『Airウェイト』『Airリザーブ』の発表が行われました。

1周年を迎えた『Airレジ』とは

 初期費用・月額費用共に無料の、iPad/iPhone/Android対応POSレジアプリです。クラウドのため日々アップデートが行われること、リアルタイムに売上分析ができること、モバイル端末をレジにできるため持ち歩いて屋外で決済できることなどのメリットがあります。「Square」の端末を挿せばクレジットカード決済も可能。
 また、クラウド会計ソフト「freee(フリー)」「MF クラウド会計」「YAYOI SMART CONNECT」と連携すれば、売上が会計ソフトに自動入力されます。「HOT PEPPERグルメ」や「HOT PEPPER Beauty」と連携した自動予約管理も行えます。2013年11月19日にリリースされ、2014年3月末に4万アカウントを突破、そして2014年11月末時点で10万アカウントを突破しています。
Airレジ(エアレジ) – 無料で簡単に使えるPOSレジアプリ

順番待ち管理サービス『Airウェイト』発表

 2014年11月27日にリリースされたのが、Airレジ関連サービス『Airウェイト』です。飲食店などで順番待ちが発生した際、来店者はその場で待つしかありませんでしたが、『Airウェイト』は順番待ちの情報をデジタル化します。残りの待ち時間を来店者のスマホで確認できるため、来店者は待ち時間を店の外で有効に活用することができます。
Airウェイト(エアウェイト) – 簡単に使える順番待ち管理アプリサービス-

予約管理サービス『Airリザーブ』発表

 『Airウェイト』と同日リリースされたのが、予約サービス『Airリザーブ』です。電話予約・ネット予約・直接訪問予約など、すべての予約を一元管理できるシステムで、店のホームページやブログに予約ボタンを貼ることも可能です。
 営業時間内に従業員が電話番をして電話予約を受け付ける運用の場合、営業時間外に予約を受け付けられない、電話番の人手が足りない、などのデメリットがありますが、『Airリザーブ』を導入すれば24時間・無料でネット予約を受け付けることができます。
Airリザーブ(エアリザーブ) – 簡単に使える予約管理システム

導入コストのため導入しづらかったPOSレジが、『Airレジ』と関連サービスによって手の届きやすいものになりました。IT業界・クリエイティブ業界から起こった個人事業主の力が大きくなる流れは、小売店やサービス業など多様な業種にも広がっていくのではないでしょうか。

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

Airレジ

配信元:Recruit Holdings Co.,Ltd.

Android価格:無料 / iOS価格:無料

Androidアプリのアクセス内容

ID
この端末上のアカウントの検索
画像/メディア/ファイル
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
保護されたストレージへのアクセスのテスト
カメラ/マイク
画像と動画の撮影
その他
インターネットからデータを受信する
ネットワークへのフルアクセス
ネットワーク接続の表示
Bluetooth デバイスのペアの設定
Bluetooth の設定へのアクセス
バイブレーションの制御 端末のスリープの無効化

※記事内の情報はすべてレビュー時(2014年11月28日)の情報です。

コメントは受け付けていません。

タグ:
PageTopへ