アイキャッチ画像

無料で使えて報酬までもらえる、いま話題のSNS『tsu』とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年11月27日]

新しいSNSが話題を集めています。tsu(スー)は、ユーザーが自身のコンテンツを通してお金を稼げるネットワーク。Facebookや広告を全く取り扱わないことで人気を集めた「Ello」と違い、ユーザーが投稿したコンテンツで生成された広告収益をユーザーに「報酬」として一部還元します。

売上の構造

本サービスは、サードパーティ広告、スポンサーやパートナーシップから獲得した売上の10%が企業の取り分となり、残りの90%はコンテンツ作成者やネットワークの成長に貢献(ユーザーを新たに招待)した適切なユーザーに配布されます。

例えば、Aさん>Bさん>Cさん>Dさんの順番でユーザーが新しい人をネットワークに招待するとします。

  • 1)Dさんが共有したコンテンツ(写真、動画、ステータスの更新など)によって100ドルの広告収入が発生したとします。
  • 2)売上の90%は、ユーザーのものになるので、90ドルはユーザーに、10ドルはtsuのものになります。
  • 3)コンテンツの作成者であるDさんは、90ドルの50%を獲得します。この場合、45ドル。
  1. Cさんは、90ドルの1/3である29.70ドル(33.3%)を獲得します。
  2. Bさんは、90ドルの1/9である9.99ドル(11.1%)を獲得ます。
  3. Aさんは、90ドルの1/27である3.33ドル(3.7%)を獲得します。


つまり、ユーザーがコンテンツやネットワーク自体を拡散すればするほど稼ぐことになります。ちなみに、ユーザーの収入が100ドル以上になると、小切手に還元できるとのこと。

ユーザー全員がFamily Tree(家系図)と呼ばれる、一個人がネットワークに招待したユーザーを系図で辿ることができます。ユーザーが直接招待した人のことは「子供」、子供がさらに新しいユーザーを招待した場合は「孫」にあたります。よって、tsuを利用するには、直接tsuに登録しているユーザーから招待(ショートコードの入力)を受けなければなりません。ショートコードは、さらなる売上獲得を試みているユーザーがネットにあげているものもあるようです。

本サービスの開発元は、米ニューヨーク州に本社を構えるEvacuation Complete LLCというスタートアップ企業。シリーズAで700万ドルの投資を受けています。

tsu

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

tsū - Social and Payment Network

配信元:Tsū LLC

Android価格:無料 / iOS価格:無料

  • バージョン Android:1.0.5 / iOS:1.3.96

Androidアプリのアクセス内容

端末とアプリの履歴
実行中のアプリの取得
位置情報
おおよその位置情報(ネットワーク基地局)
正確な位置情報(GPS とネットワーク基地局)
画像/メディア/ファイル
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
保護されたストレージへのアクセスのテスト
カメラ/マイク
画像と動画の撮影
端末 ID と通話情報
端末のステータスと ID の読み取り
その他
インターネットからデータを受信する
ネットワークへのフルアクセス
バイブレーションの制御
ネットワーク接続の表示
Google サービス設定を読み取る
端末のスリープの無効化

※記事内の情報はすべてレビュー時(2014年11月27日)の情報です。

コメントは受け付けていません。

PageTopへ