soundhouse-540x360

サウンドハウスが楽天への出店を取りやめた理由を聞く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年11月21日]

 楽器や音響機器を取り扱う『サウンドハウス』は、豊富な商品ラインナップと低価格で、音楽家やDTMユーザーに絶大な人気を誇る老舗ショップだ。そのサウンドハウスが楽天市場への出店を取り止めるという。
 楽天は出店者に対して「決済口座を楽天銀行のものに一本化する」と一方的に通知してきたうえで、出店者名義の楽天銀行の口座を勝手に開設しているとのこと。サウンドハウスはこれを暴挙として、今回の措置に踏み切ったそうだが実際のところはどうなのか。サウンドハウスからコメントを頂くことができた。

Q 今回サウンドハウスが問題視している点は何でしょうか?
 楽天側からの通達が一方的だったことと、決済口座の選択肢として楽天銀行以外認められないことです。
 特に、楽天銀行以外の口座が認められないことは、購入するお客様にとっても不便であり、弊社にとっても既存の弊社口座への送金する手間や手数料が発生します。また、楽天銀行に振り込まれた後、楽天の画面から入金確認ができるまでのタイムラグが不明なため、弊社のような即日出荷体制をとっている会社にとってはマイナスの影響が大きいと考えられます。
 最後に、楽天グループの楽天銀行に一旦代金が振り込まれるということは、当然のことながら他の銀行に振り込まれていた代金分が楽天銀行に集まりその分楽天銀行の預金残高増加=楽天グループの利益につながり、楽天グループの利益のみを追求していることも問題視しています。

Q サウンドハウス楽天支店の売上はどのくらいでしたか?
 月によって違いがありますが、楽天支店では月間500万~1,000万円程度の売り上げでした。

Q 楽天に対して今言いたいことはありますか?
 弊社の意思で取引を中止したので、ホームページに記載した以外に特に言いたいことはありません。今回の措置を撤回して頂ければ問題ありませんが、その可能性はほとんどないと思っています。

サウンドハウスは、取り扱っている商品について国内最低価格を保証している。

 サウンドハウスは直営のオンラインショップを展開しているので、楽天支店の利用者もある程度は、そちらへ流れるだろう。それでも、楽天支店では月間1,000万円を売り上げることもあったとのことで、影響は少なくないものと思われる。
 なお、楽天側はこの件を「お客様により安心してお買い物していただくため」の措置としている。しかし大手通販サイトが銀行決済窓口をグループ銀行へ一本化することに拒否反応を示すユーザーも多いようだ。
 ユーザーにとっては、国内ではサウンドハウスでしか買えないというものも多い。どんなものが買えるのか気になる方はぜひ一度直営ショップをチェックしてほしい。
サウンドハウス

▼参考リンク
サウンドハウス楽天支店中止のお知らせ
銀行振込先は「楽天銀行 楽天市場支店」に

コメントは受け付けていません。

タグ:
PageTopへ