android

Android OSの開発者がGoogleを去ることに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年11月04日]

「Android」の共同開発者の1人であるアンディ・ルービン氏は10月30日、Googleを退社することが米ウォールストリートジャーナルより明かされました。同氏は、2005年からAndroid部門の責任者として取り組み、2013年12月から同社のロボット工学部門のトップに就任しました。

▼関連記事:
Googleが“Androidの父”によるロボット事業を本格化か

ルービン氏は今後、ハードウェアのスタートアップ向けのインキュベーターを立ち上げるそうで、後任には研究科学者のジェームズ・カフナー氏が引き継ぐと言われています。

Google CEOのラリー・ペイジ氏は、「アンディはAndroidで、10億人以上のユーザーを幸せにする素晴らしいものを作った」と感謝の気持ちを述べました。

Googleは今年に入って、Google Glassの生みの親Google+を創り上げた人物らが退職しています。



▼参考リンク:
WSJ

コメントは受け付けていません。

タグ:
PageTopへ