3b077f87209d558609778bf5b145dd38_s

٩(๑`^´๑)۶ネット利用が課税対象に…ハンガリー国民が激おこ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年10月28日]


ハンガリーの首都ブダペストでは10月26日、同国政府がネットのデータ転送量に対して課税する法案を提出したことを受け、1万人に昇る大規模なデモが行われました。英ロイター通信によると、国民は税金負担の増加、さらには情報に対しての自由と権利がなくなることに不満を示しているそうです。

抗議の参加者は、途中で点灯させた携帯電話を持ち上げてアピール。また一部は与党の本部が位置する建物に向けて古いパソコン部品などを投げつけたそうです。

法案では、データ転送量1GBあたり150フォリント(約66円)課税するそうです。この法案に反対の意を示すFacebookグループ”Százezren az internetadó ellen“(インターネット税に反対する数十万人)はプレスリリースにて、「この動きは、ハンガリーをさらにヨーロッパから遠ざけようとしているオルバーン首相による反民主主義的な措置の波に続く」と伝えており、48時間以内に税法を撤回しなければ28日に新たに抗議活動を行うと伝えました。

これに対して与党側は、個人の支払う税金額の上限を月額700フォリント(約310円)にする修正案を議会に提出することを表明しましたが、28日にはブダペスト以外の少なくとも10都市での抗議の参加を呼び掛ける動きがあります。

▼参考リンク:
ロイター
Százezren az internetadó ellen

コメントは受け付けていません。

PageTopへ