wedding band

FacebookやSpotifyで財を成したパーカー氏の賠償問題を解決に導いたITらしい和解案

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年10月23日]

Napster創業者として、Facebook初代社長として、Spotifyの投資家として知られているショーン・パーカー氏。昨年6月に米カリフォルニア州で行った自身の結婚式において、会場となった当該地域の森林環境を著しく壊したとして、現在、250万ドル(2億5千万円)の賠償を請求されている問題で、金銭だけでなく、“アプリの提供”も賠償の一部に加わったことがニュースメディアSFGATEによって報じられています。

パーカー氏はカリフォルニア州の海岸委員会との和解で、公共ビーチを探しやすくする地図サービスを開発します。カリフォルニアの海岸沿いには、住民の私有地と隣接しているため、住民がビーチの入り口を隠したりする問題があります。同アプリの制作について委員会広報は、「公衆がアクセスすることに役立つ、クリエイティブな解決策だった」と述べています。

パーカー氏が式場にした土地は、たくさんの州立公園があるカリフォルニア州の人気観光地「ビッグサー」。レッドウッド(杉)などの自然美で、数多くのセレブが結婚式を挙げています。パーカー氏の式では、およそ1000万ドル(10億円)の費用が廃墟を模した建造物や滝、橋、階段の建築および植物やライティングなどの設置を許可証なしで行ったとされています。

▼参考リンク:
SFGate

コメントは受け付けていません。

PageTopへ