AppleIcon

アップル、2015年2月からiOSアプリを全て64ビット化へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年10月21日]

アップルは10月20日、2015年2月1日以降に申請されるiOSアプリ全てを64ビット対応、またiOS 8 SDKでの構築をアプリ開発者に義務付けました。これにより、64ビットプロセッサを搭載しているアップル製品における、アプリの動作は大幅な向上を期待できます。

32ビット対応のアプリは2月以降に申請ができなくなりますが、すでにアプリストアに配信されている32ビット対応アプリはそのまま残ります。ただし、仮にバグ対応や新機能の追加でアップデートをした場合は、64ビット対応が必要になるでしょう。

いずれにしても64ビット対応は早めに行った方がいいですね。

▼参考リンク:
Apple Developer

コメントは受け付けていません。

PageTopへ