goodia_6725

東京でしかできないことがある~無料カジュアルゲームでおなじみグッディア代表の深野氏に聞く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年10月20日]

グッディア株式会社 代表取締役 深野真人氏

 名古屋からスマートフォン向けのカジュアルゲームアプリをリリースし続けるグッディア株式会社が、このたび東京オフィスを開設した。これによって、グッディア、そしてグッディアが作るゲームアプリはどのように変わっていくのだろうか?
 ファッションやカルチャーで日本の最先端をいく原宿にある真新しいオフィスにおじゃまさせて頂き、代表取締役の深野真人氏にお話を伺った。

▼関連記事
甲子園常連校を卒業した俺が『俺の魔球打ってみろ!』を熱血レビュー!
NGワードに相手を誘導せよ、推理型ストーリーカードゲーム『ブレインブレイク』

クオリティを保ちながら週5本のアプリをリリース

グッディアはどんなアプリを作っている会社ですか?
 スマートフォン向けのカジュアルゲームを中心に、気軽に短時間で誰もが遊べるゲームを作っています。アプリは一日1本リリースすることを目指していまして、だいたい週5本のアプリをリリースしています。今後も増やしていきたいですね。
 一口にカジュアルゲームと言っても、アクションゲーム、育成ゲーム、フラットデザインのシンプルなゲーム等、セグメントがあります。カジュアルゲームの中でも、ユーザーが異なるゲームのラインナップを揃えていくことで、結果的に一日1本出せる体制にしていきたいです。

グッディアの代表作は何ですか?
 ダウンロード数で言うと『レジの達人』『激ムズ迷路100』等です。アクティブ収益や長く遊んで頂いているものであれば『鬼斬り』『鬼蹴り』等の鬼シリーズになります。

アプリリリースの基準はありますか?
 主に(自分の)感覚です(笑)。完成したアプリはリリースする前に私が確認するんですけど、やはり「プレイしておもしろいかどうか?」が重要です。
 あらかじめ「こういう風におもしろいゲームにする」というのを共有していて、実際にゲームをメイクしていきますし、ある程度動く段階でゲームバランスも確認しています。そこから、このゲームはおもしろくなるのか、ボツにするのかを判断します。
 もちろん自分自身でテコ入れすることもありますが、にっちもさっちもいかないようならボツにせざるを得ません。実は(本数的に)結構多いんですよ(笑)。

たくさんのアプリを作りながら、クオリティを保つ秘訣は?
 グッディアでは、基本的にエンジニア1人が1本のアプリを担当します。彼らは開発時間を比較的多く確保できており、自分のペースで作っているので(グッディア全体のリリース頻度に対して)クオリティを保つことができています。
 今後もおもしろいアプリを作り続ける上では、企画部分が課題になってくるものと考えています。

近年、IT系に力を入れる自治体も増えていますが、名古屋近辺はいかがですか?
 岐阜県に公益財団法人ソフトピアジャパンが主催する「Gifu・Androidプロジェクト」※があります。私もアプリ事業を始めたときに、このプロジェクトの勉強会に参加したりしていました。グッディアで働いているエンジニアにはここで勉強していた人も多いんですよ。
※県内企業へのAndroidの普及・啓発を目的としていて、ひいては県内企業の競争力向上とビジネスチャンス拡大を目指したプロジェクト。

東京で加速する“グッドアイディア”

インタビューには、営業・マーケティングを担当する木下氏(右)にもご同席頂いた

新たに東京オフィスを開設した目的は何ですか?
 私自身の出身地ということもあって、これまでは名古屋を拠点にしていたのですが、デベロッパーや広告会社が集まる東京にオフィスを構えることで、コミュニケーションやお取り引きのスピードと密度を上げていきたいですね。
 また、リクルーティングの面では、企画やマーケティングの人材に期待しています。名古屋で採用したデザイナーやエンジニアによる開発チームに対して、東京では営業チームを作っていこうと考えています。この他にもベトナムにオフィスがあるのですが、そちらもうまく回るようになってきています。

東京の拠点に原宿を選んだ理由はありますか?
 特にありません(笑)。いくつか物件を見てみたんですけど、色々見た中でこの物件がよさそうだったので決めました。初めはこだわりもあったんですけど、結果的に(原宿で)良かったです。

次回作のご予定は?
 近々では無料のゲームアプリ『魔王があと5日で世界征服するってよ -魔王復活-』をリリース予定です。
 また、10月は新しい試みとして、カジュアルゲームとは違った『ブレインブレイク』『俺の魔球打ってみろ!』をリリースしています。今後もグッディアのアプリにご期待ください。

最後に、東京オフィスを開設したことでグッディアはどうなっていきますか?
 加速していきます!!(笑)
 名古屋で作れなかったチームやできなかった事を実現することで、例えばカジュアルゲーム以外のものや、もしかしたらアプリ以外のものもやっていけるかな? と考えています。
 まだまだ具体的ではないのですが、いきなりカフェを始めるのではなくて(笑)、今あるリソースを活かして、少し形を変えたものを作っていけたら良いですね。

グッディア株式会社
Gifu・Android プロジェクト | SOFTOPIA JAPAN

コメントは受け付けていません。

PageTopへ