アイキャッチ画像

アングラ音楽の受け入れ先? ポルノ動画サイトで楽曲コンテスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年10月03日]

 米ポルノ動画配信サイトPornhubがレコードレーベルを立ち上げる。名称はそのままで、Pornhub Records。所属しているアーティストはまだ誰もいない。その代わりレーベルの立ち上げに際して、楽曲コンテストを催すとのこと。
 副社長のCorey Price氏は音楽のヒットチャートで知られるビルボードに「Pornhubを視聴する層が大人であるため、そういう人たち向けの成熟した音楽を求めている」と話しながらも、楽曲は何でもかまわないとして、わざわざ歌詞などをポルノ仕様にする必要はないと述べている。ただ、未成年は応募の対象外であるとした。
 優勝者にはミュージックビデオ作成用に5,000ドルの賞金と、PornHub上での最低50万回の動画再生が保証される。
。応募は11月30日までとなっている。

ポルノ動画サイトならでは


 それにしても、どうしてポルノ配信サイトがレコードレーベルを立ち上げようとしただろうか。これには大手ポルノ動画サイトだからこその理由があるとされている。例えば、充分なアクティブユーザーを確保していることや、YouTubeのように動画の前にアーティストの広告を表示することで認知度を挙げるなど(お気に入りの動画を見るためなら、たいていの人は不自由を厭わないという思惑があるのだろう)。
 また、同サイトの広報マーケティング部長のMatt Blake氏は「無修正のトラックや、R指定バージョンの曲をアップロードすることが出来る」というポルノ動画サイトならではのこれぞといった利点を語った。
 今年の初めには、レディオヘッドとも親交のあるニューヨーク在住の音楽プロデューサーFatlyDL氏も動画を投稿していることや、グラミー賞を受賞したラッパーであるクーリオ氏もPornHubでの音楽動画の投稿を支持していることから、音楽的な土壌はできつつあるとみることができよう。一般的な視聴者層を取り込めないことを逆手に取った今回のレコードレーベルの立ち上げは、歌詞やPVの映像などで規制の厳しさにあえぐ一部のアーティストにとっては歓迎すべき朗報になるに違いない。

 ちなみに同じく大手ポルノ動画サイトのXVIDEOSでは、一般人によるギター演奏動画(エロさはまったくない)が投稿されている。埋め込みではわからないが、XVIDEOSのサイトで視聴すると、演奏動画の下に表示される関連動画は演奏者の技術的な上手さと相まって、何とも言えないシュールさが醸し出されている。YouTubeやニコニコ動画で「歌ってみた」「演奏してみた」の閲覧数が伸び悩む大人は、こうしたポルノ動画サイトに投稿してみてはいかがだろうか。もしかしたら、思わぬ評価を受けるかもしれない。

▼参考リンク
PornHub SONG SEARCH CONTEST
Billboard『Exclusive: Pornhub Launches Pornhub Records Label』
キニ速『【画像あり】主にxvideosで活動してるギタリストだけど何か質問ある?』

コメントは受け付けていません。

PageTopへ