アイキャッチ

【開封の儀】ついに!ついに!!編集部にOculus Riftが届きました!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年10月02日]


【さよなら現実】ゲーム体験はここまで来た!Oculus RiftとKinectの組み合わせがヤバすぎる
【東京ゲームショウ】拡張現実がついに実現!『Oculus Rift』『Cardboard』
 以前から上記記事で取り扱ってきたOculus Rift(オキュラス・リフト)。頭に装着するとバーチャルな世界に自分が没入した感覚を得られるガジェットであり、開発会社がFacebookに買収された件は広く話題になりました。
 2014年7月より、このOculus Riftの第2世代開発版である「DK2」の出荷が開始。弊社でも注文したものの在庫切れで到着が遅れていたのですが、このたびついに到着しました!


 左側に本体、右上に赤外線カメラ、右下にレンズが納められています。
 赤外線カメラはDK1に無く、DK2から付属されました。ディスプレイの上などにウェブカメラのように固定して、ユーザーの頭の位置をトラッキングするそうです。
 レンズは視力補正用のもの。以前から「眼鏡の人はどうするんだろう?」と疑問に思っていましたが、やはり眼鏡の上から装着することはできず、レンズ交換によって対応するみたいです。


 すべて取り出してみたところ。


 装着イメージはこんな感じです。顔や頭に接する部分はスノボゴーグルのよう。見た目よりも軽く、ぴったりフィットしました。前髪全開で装着することになりますし、スポンジ部分へのファンデーション等の付着が気になります。視力によってレンズを付けかえることもあり、基本は自宅で使うパーソナルなガジェットですね。


 後ろから見るとこのようになっています。本体から出たHDMIとUSBケーブルが頭頂部を経由して後ろに伸びており、これをPCに接続してバーチャルリアリティへの没入体験を得ることになります。

 今回は開封のみですが、次回は環境をセットアップして編集部でOculus Rift体験をしていくことになります。未体験者から「本当にリアルに感じられるの?」「3D酔いで気分が悪くなるのでは?」といった疑問が出ていますが、実際はどうなのでしょうか!?乞うご期待!

コメントは受け付けていません。

PageTopへ