ahotech_6387

アホテック「ふざけたことしかやらない」シモダテツヤ氏【アドテック東京】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年10月02日]

シモダテツヤ氏 株式会社バーグハンバーグバーグ代表取締役、初代オモコロ編集長

 デジタルマーケティングカンファレンス「アドテック東京」の一角で行われ、中世の黒魔術的集会の様相を呈したアホテック。今年も粛々と開催されたので、その模様をお伝えしたい。講演は3人の講師が自身の経験と知恵から得た「アホの作り方」を伝授するという形式になっている。
 最後の講師はシモダテツヤ氏だ。シモダ氏はあの有名な『あたまゆるゆるインターネット オモコロ』の初代編集長であり、現在はその運営をする企業を設立している。現在はWEBサイトの運営だけでなく、実際に世に出ている商品の企画やプロモーションなども行っている。

アホテック東京の創設者“アホテック様”は2012年、「デジタルマーケティングに笑いは必要不可欠なのに、なぜ公式カンファレンスにおもしろ部門は呼ばれないのか」と疑問をいだき、普通の人間であることをやめ、身長を2m30cmに伸ばし、白塗りで、笑いを取りたい人々を救い、助けるためにアホテック東京という花園を創造しました。 2012年より2回行われたアホテック東京は、予想を超える人々の心を動かし、今年はついに公式カンファレンスに昇格。変革の兆しを見せる運命のもと、幸せの扉を叩くクリエイターの言霊を、皆様にお伝えします。

アホテック東京 – 公式 – レポート

  • 前編 山根シボル氏 正しい下ネタの使い方とは?
  • 中編 川田十夢氏 未来のヤンキーはどうやって相手を威嚇するのか?
  • 後編 シモダテツヤ氏 ふざけたことしかやらないので、絶対に通らない企画もある
  • ふざけたことしかやらない

     今日は今まで弊社が培ってきたノウハウを持って帰って頂こうかなと。
     会社のポリシーとして「ふざけたことしかやらない」というのを掲げています。普段はWEBメディアの運営、プロモサイトの企画、WEBコンテンツの制作を行なっております。
     主な実績をご紹介していきましょう。


     まずはホンダさんよりご依頼頂いたもので、車の宣伝をするサイトがあります。


     N-BOXという車を販売するにあたって企画をご依頼頂きました。それで、実際にどういう風にプロモーションしたかというと、車にカバーをかけて宣伝してみたり、


     車がまるまる一台当たるというのもちょっともったいないんで、バラしてパーツだけをプレゼントしたり。このパーツ実際にプレゼントしたんですけど、数日後に当選者がヤフオクで出せるのか迷っているツイートを発見しました。


     あとはエイプリルフールの時にやった、auさんとデアゴスティーニさんの『週刊スマホを作る』というものです。
     こちらは朝のテレビ番組でも結構取り上げられたんですけど、コラボで良い感じの嘘をつこうということで「十年かけて最新スマホを作る」というものです。

     他には『地獄のミサワ』のマネジメントをやっていて、ラインのスタンプに特化したこともしています。(地獄のミサワの)ラインスタンプはこれまで、謝罪編、格下のやつに送る用、ラブ・イズ・ダイナマイトというのを出してきました。
     今度、4つ目を公式で出そうかなとアイディアを考えた結果、ラインの人気キャラのコニーとブラウンをあたかも公式風であるかのようにしました。


     全く企画が通らなくなりました(笑)。ですがラインクリエイターズスタンプは諦められなかったんです。でもコニーとブラウンの組み合わせがやばいと。四苦八苦した結果が…


     …ウサギとカメです。実際、審査に通りまして、良い感じに売れています。

    正直に、誠実に

     ここからがテクニックです。まずは美味しさから。
     弊社は、過去に「インド人完全無視カレー」というものを出しています。これはインド人シェフを監修に招いて、そのアドバイスをすべて無視して作ったものです。インド人シェフが「やめろ」と言っている目の前で、トムヤムクンをぶちこんだりしました。冷凍食品として発売して、すぐ売り切れたんですけども、しばらくしてレトルトでの再発売が決定しました。この話があったとき、2回同じボケするのは、イヤだなと思ったんですよ。それでどうするかなあと考えた末の演出が…


     …商品をアップデートすると、普通おいしさ1.5倍等とうたうんですけど、このインド人完全無視カレーの場合は冷凍食品版の方が完全に美味しかったので、正直に0.8倍とした方が良いんじゃないかと。タイトルも「劣化版インド人完全無視カレー」にしました。そしてこの2回目も受け入れられたんです。広告って「褒めよう褒めよう」となるのが普通なんですけど「あまり変わりません」という化粧品のキャッチコピーみたいに、本人が感じることの方が信じられるじゃないですか。口コミの基礎ってこれだと思うんですよ。

     そして、50%オフってあるじゃないですか。ヤフーショッピングが15周年記念感謝祭ということで実施したのが「そっちの50%オフ」というキャンペーンです。よくある50%オフとは違います。お値段そのままで質量が半分になるというものです。


     本当に販売したら、何と完売しました。そして、スーツ以外もあります。フォトショップかなあと思われるんですけど…


     …こちらもがっつり切ってます。このチャリンコ、もともと1万6,200円で買ったんですけど、切るのに5万円かかりました。こっちは売れませんでした(笑)。

     最後にご紹介するのは、某ダンスボーカルユニットのダンサーや、フリーの女性アナウンサーのメタル化です。企画をプレゼンしたときに先方は「え、何が?」とポカーンとされていたんですが、なぜメタルなのかの説明はいらないんです。メタルダンサーやメタルアナが突然お漬物とかを紹介していたら「何だこれは!?」となると思うんですよ。
     それで実際にメタル化したものをお見せしたら…


     …全然、許可はおりませんでした。
     最後に、皆さんにお伝えしたいのは、許可は下りないものもあるということです。下りない…!

    ▼参考リンク
    アホテック東京 公式
    株式会社バーグハンバーグバーグ

    コメントは受け付けていません。

    PageTopへ