アイキャッチ画像

相次ぐスマートウォッチの発表。時計メーカーも動く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年9月11日]

 今週、火曜日、アップルから新製品Apple Watchの発表があった。IT大手のアップルによる発表は、今までより一層、スマートウォッチに注目を集めることになるだろう。そこで今回は発売予定となっているスマートウォッチをいくつか紹介したい。

携帯端末メーカーのスマートウォッチ


 ソニーからは今秋以降、発売予定であるSony SmartWatch3。つい先日までドイツ・ベルリンで行われていたIFA(国際コンシューマ・エレクトロニクス展)にて発表された。これまではSmartWatch向けにOSを自社開発していたソニーだが、今回初めて、グーグルが提供するウェアラブル専用のOS「Android Wear」を搭載している。ベルトがゴム製、また蛍光色が強めであることから、スポーツウォッチのような見た目となっている。機能面は加速度メーター、コンパス、ジャイロ機構、GPSなどを備えており、日常生活における日々のデータを記録することができる。真新しい機能はスマートウォッチ単体での音楽再生と映像再生だ。ただ、スマートウォッチにおける映像再生の需要については未知数といえる。

「LG G Watch R」の特徴はまぶしい日差のもとや、どんな角度からでもはっきりと見える1.3インチのディスプレイだ。パワフルな1.2GHz Snapdragon™ 400プロセッサを搭載し、4GBのストレージで512MBのメモリ、そしてバッテリーは長時間持続可能な410mAh。Google Playにある対応アプリが利用できるのはもちろんのこと、一メートルの水深で30分程度ならば問題ない防水仕様となっている

 ソニーと同様に韓国LG ElectronicsもIFAにてスマートウォッチG Watch Rを発表した。こちらの機種はソニーのスポーティーな時計とは違って、ラグジュアリー路線で行くようだ。ディスプレイはモトローラ社のMoto360と同じく、円盤状ディスプレイとなっている。ベルトは革製で、自由に変更もできる。裏には心拍センサーも。マイナビニュースによると、「日本の技術基準適合証明(技適)を取得していることが表示されるため、日本販売は確実と考えてよさそう」とのこと。

時計メーカーのスマートウォッチ

引用:カシオ

 カシオ計算機は9月30日に、自社腕時計のEDIFICEシリーズにてスマートフォンと連携するBluetooth搭載のEQB-500を発売する予定だ。カシオにとってのBluetooth搭載腕時計はこれまでG-SHOCKシリーズということで、アウトドアウォッチやスポーツウォッチのような見た目であったが、今回のEDIFICEは、ビジネスマンが使うような金属ベルトのメタルウォッチとなっている。機構はアナログ時計で、スマートウォッチといっても、時計それ自体に液晶ディスプレイはない。肝心のスマートフォンとの連携だが、機能は五つで、自動時刻修正、時計設定、ストップウォッチデータ転送、Eメール確認、携帯電話検索となっている。どの機能を使うにしても、スマートフォンに専用アプリのインストールが必要。スマートフォンを操作することで、その結果がEQB-500に反映されることになる。例えば、世界時計の自動設定。海外でスマホが電波を受信→スマホの時計が現地時間に→スマホからBluetoothを通じて時刻情報がEQB-500へ→EQB-500のアナログ時計の針が自動で正確な時刻まで回る、という感じだ。竜頭を巻いて時刻を合わせるという作業を面倒だという人にはありがたい。これ以外の機能も、基本的にはアナログ時計ならではの問題をスマートフォンを駆使することで簡単に解決できるといったもので、携帯端末メーカーのように多くの機能がついているわけではない。あくまでも時計は時計で、スマートフォンとの連携はおまけというのが“時計メーカーが開発するスマートウォッチ”ならではの特徴なのではないか。

 と思っていたのだが、時計メーカーでも本格的なスマートウォッチを作るところもあった。

引用:TIMEX

 時計メーカー、米タイメックス社から発表されたスマートウォッチIronman One GPS+は3G通信機能を搭載するとのこと。これによって今までのスマートウォッチと違って、スマートフォンと連動することなく、時計単体でメールの送受信などが行えることになる。ただ、そのためには通信会社と契約しなければならない。この時計は当然スマホではないし、どういう契約プランになるのだろうと思っていたら、すでに専用の契約プランがあるそうだ。プレス記事も出ていることで、年内、あるいは来年初頭には発売されるものと考えられるが、ハマる人にはピタリとハマりそうな端末である。

▼参考リンク
Sony Press releases『Sony expands SmartWear Experience range with two new additions for Lifelog – SmartBand Talk and SmartWatch 3』
LG Newsroom『LG READYING SNEAK PEEK OF NEW G WATCH R AT IFA 2014』
マイナビニュース『普段使いでバッチリいけるスマートウォッチ「LG G Watch R」を写真でチェック – IFA 2014会場より』
カシオ EDIFICEシリーズ EQB-500製品紹介ページ
TIMEX Ironman One GPS+ 製品紹介ページ

コメントは受け付けていません。

PageTopへ