アイキャッチ画像

中国スマホ会社Xiaomiがまたもや!端末4万台がインドで4.2秒で完売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年9月03日]


中国のスマホ製造社Xiaomi(シャオミ)は9月2日、廉価端末「Redmi 1S」をインド市場に販売開始したところ、なんと4.2秒で4万台が売れ切れたそうです。

元Google 幹部で、Xiaomiの現海外バイスプレジデントであるHugo Barra氏は以下のようにツイートしています。

これに対し、ユーザーは「次回はもっと数を増やせ」、「4.2秒より短かったよ」と不満をこぼした。クレームが多かったのでしょうか、Xiaomiは「Redmi 1S」を買い損ねたユーザーに向けて、新たに500台の端末を抽選で予約できるキャンペーンを開始しました。

Xiaomiはこれまで、2013年9月に中国本土で発売した第3世代のフラグシップ端末「Mi3」が販売開始から86秒で10万台が完売、さらには2014年7月に「Mi4」はわずか37秒で初回入荷分が完売していました。同社は積極的に海外展開を進め、今年はインドやブラジルを含む10ヶ国に展開していくと4月に発表していました。

▼関連記事:
増長する中国ベンダー!世界のスマホ出荷台数は右肩上がり

▼参考リンク:
9to5google

コメントは受け付けていません。

PageTopへ