アイキャッチ画像

これはすごい。音つきストリートビュー『Sounds of Street View』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年8月27日]


 ストリートビューのサービスが提供されてから、もう7年になる。今では、順調にそのサービス対象地域を増やしつつ、既存の地図の更新にも尽力している。今まで行ったことのない場所や、行きたくても行けない場所を見るのに、ストリートビューが非常に使い勝手のいいツールであることは間違いない。しかし、一つだけ足りないものがある。音である。せっかくストリートビューのような歩行者目線のリアリティあふれる地図があるのに、音が出ないのはもったいない。音が出れば、より臨場感が増すに決まっている。音を出せ、音を。そんな筆者の心のぼやきが海を渡り、山を越えたのか、ついにストリートビューに音がつくことになった。

 ストリートビューに音がついたといっても、これはグーグルの正規サービスではない。イギリスの補聴器メーカーAmplifonが「Sounds of Street View」というプロジェクト名称で実験的にいくつかの地域で試みているものだ。今のところ、アビニョン(フランス)法王庁広場、ハワイのハプナビーチ、カリフォルニア州サンディエゴのバルボア公園で対応している。
 このSounds of Street Viewは企業の特設ページで体験することができる。補聴器製造で培った技術を存分に発揮し、3D音響、ステレオ再生となっている。もちろんヘッドフォン推奨だ。試しに使ってみたのだが、さすが3Dというべきか、距離や方向によって、音量や聞こえ方が全然違うのがわかる。
 ちなみにAmplifonは音を作成するためのコードをGithubで公開しており、Sounds of Street Viewの充実を手助けしてくれる参加者を募っている。

▼参考リンク
THE VERGE『You never have to go outside again thanks to ‘Sounds of Street View’』
Amplifon社『Sounds of Street View』

コメントは受け付けていません。

PageTopへ