facebook-150x150

Facebook、釣り記事を排除するアップデート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年8月26日]

Facebookは8月25日、ユーザーにとって興味と関連性が高い投稿が、ニュースフィードに流れるよう、大きく2つのアップデートが施しました。

クリックベイトを減らす

いま話題になっている○○を確認するにはコチラ」…など、クリック先についての情報が少なく、続きを見るためにはクリックを促すような投稿をクリックベイトと言います。このような投稿はクリック数が多いため、ユーザーのニュースフィードに表示されることが多いとされています。

これらクリックベイトを判断するため、ユーザーの滞在時間や、リンクをクリックした後にFacebookから遠ざかるのか、もしくはニュースフィードに戻るのかなどの行動を分析すると言います。ユーザーの滞在時間が長いほど、その投稿が個人にとって価値があり、ページをすぐに離れた場合は求めていた内容とは違うことになります。また、クリックされたコンテンツに対して、「いいね!」やコメント数などのエンゲージメント率を比較し、その投稿がスパムであるか判断していくそうです。

投稿にリンクを表示する

Facebookは本アップデートより、リンク形式で表示した投稿を優先的にニュースフィードで流すことを発表しました。これまでニュースフィードで投稿されるリンクの多くは、リンクが画像に埋め込まれていたり、見出しや本文の一部が表示されると言います。

Facebookが行った調査によると、リンク形式を使った共有の仕方を利用すると、リンクに関連する情報(例えば記事の冒頭部分)が追加されることから、ユーザーがリンクをクリックしたいかの判断の目処がつくそうです。また、この形式は、モバイル端末のような小さな画面からリンクをクリックするのに最適です。

リンク形式を使用した投稿は、画像にリンクが埋め込まれた投稿より2倍のクリック数を獲得していることから、ユーザーには好ましい形式だそうです。

▼参考リンク:
Facebook

コメントは受け付けていません。

PageTopへ