アイキャッチ画像

ジョセフ・ジョースターを目指してLINEスパムの台詞を先読みしてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年8月29日]

第壱話 スパム、襲来

最近よく耳にするLINEスパム。
実際に目にしたことは無かったものの、ついに筆者のスマホにもLINEスパムが襲来した。

念願のスパム。ネタにしないと勿体ない!!ということで、

今回はこのスパムで遊び倒してみた。

流行に乗り遅れずに済んだ。
 

※一応公式ではない一般アカウントなので、編集部で伊藤(仮名)という表示名に設定した。
 また、写真やID、本名が分かる部分にはモザイク処理をかけた。

第弐話 見知らぬ、伊藤(仮)

まずは言われたとおりアカウントを友達に追加して、軽いジャブで様子を伺う。

そう、アゴの長いハンサムで有名なあの私立薔薇門高校だ。

アゴの整形のために資金が必要なんだ、とか言ってWeb Moneyでも要求されるんだろうなぁ・・・
と妄想にふけっていたら返信が。


知り合いじゃないのかよ!
しかもなんかかわいらしい女の子の写真まで送られてきた。

こいつぁ怪しい臭いがぷんぷんするぜ!

ってことで、Google画像検索でこの女の子の写真を検索してみたところ、今回と同じ手口のスパム文面を発見!
見えたぜ!お前の終着駅!!

そして筆者は、重たい一撃を放った。

相手の台詞を忠実に先読みする、という通常のコミュニケーションではまず成功し得ない必殺技。
果たして、成功するだろうか・・・。

第参話 付かない、既読

いま流行のWeb MoneyやiTunesカードを買わせるスパムではなく、出会い系スパムだったことを少し残念に思っていると返信が。

必殺技、炸裂。

しかし、お気付きだろうか。せっかくの必殺技なのに既読がついていないのだ
ちくしょう、人の心を持たないプログラムめ・・・!

最終話 Unknown、逃げ出した後

その後のやり取りでもやはり既読は付かず、最終的にはスパムサイトと思われるURLを送りつけて伊藤なんとかちゃんは退出した。

ちなみに、このURLにアクセスしてみるとLINE無料チャットルームという、明らかにLINEを意識したビジュアルのサイトにたどり着く。
もちろんLINEとは全く無関係なサイトなので見た目に騙されないように気をつけよう。

LINEとは何の関係もないスパムサイトにご注意を!!

コメントは受け付けていません。

PageTopへ