猫

ネコも歩けば(脆弱な)Wi-Fiネットワークに当たる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年8月11日]

このネコ、ただ者じゃない。

WarKittehを着用のココ

特殊な首輪をはめたココ(オス)は、脆弱なWi-Fiネットワークを探ることができます。

米ワシントンDCに暮らすセキュリティ研究者のGene Bransfieldさんは、ネット接続系ハードウエアの開発に使用するSpark Coreにファームウェア、Wi-Fiカード、GPSモジュール、バッテリーを組み込んだ手作り首輪「WarKitteh」を開発。WarKitteh(和訳すると、戦争ネコ)を使用すると、放し飼いのネコが歩いたエリアから、確認できたWi-Fiとその脆弱性を地図に示してくれます。

Wiredによると、ココが自宅周辺をお散歩した3時間、傍受されやすいWi-Fiネットワークは4つ、さらには全く保護されていないWi-Fiが4つ見つかったそうです。首輪から回収したデータには、解読しやすいWEPを採用しているアクセスポイントが非常に多かったと言います。

果たして自由に歩き回るネコが、セキュリティの脅威になり得るのか…?悪質なユーザーであれば、これらWi-Fiアクセスポイントを勝手に利用したり、盗聴することも可能ですね。

Bransfield氏は、「人は、情報セキュリティよりネコにもっと興味を持っている」と話し、セキュリティについて良い教訓になったのではないかと述べました。

▼参考リンク:
Wired

コメントは受け付けていません。

PageTopへ